音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/02/17 [Tue] 23:55:16 » E d i t
少しだけ気分が落ち着いたので少しだけ本を。
といっても新刊ではなく何度も読んだ本で、おなじみの池澤夏樹作品「スティル・ライフ」です。
何度読んでも自分のために書かれた作品という気がしますね。
こんなに欲がない物語でいいのだろうか、とも思いますし。

それにしても初めて読んでからもう二十年が経過したというのに、ボクはこの物語の「ぼく」や「佐々井」のようにはなれませんね。こういう人間関係も築けそうにもないですし。

こんな同性の友人が欲しいものです。
いや、そういう友人を得たとしても結局反発してしまうかもしれませんね。
ボクはどこまでいってもボクであり、自分の殻を破ることが出来そうにないですから。
きっとその殻は人よりずっと堅く厚いような気がします。

その勢いで、古川日出男短編集「gift」から「ぼくは音楽を聞きながら死ぬ」を。
これも何度も何度も読んだ物語ですね。
十五枚程度の作品で10分もあれば読み終えてしまうのですが、この物語は音楽に溢れています。池澤夏樹「帰ってきた男」の系統ですね。熱くなく静かで静謐さに溢れている、そんな音楽、いや音物語とでもいうような作品。

新しい物語を濫読するのもいいですが、何度も読んだ物語を再読するのもまたいいものですね。
古いけれど新しい発見がいくつかありますから。人生短いし、そういう楽しみ方もいいかもしれません。

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

書籍 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2009/02/13 [Fri] 23:04:51 » E d i t
ニューアルバム発売タイアップ?として今朝NHKほっとモーニングに坂本龍一さんが出演していました。

実は出演することをすっかり忘れていたので無事録画出来てよかったなあ、というところです。しかも戦メリとサントリーオールドの2曲演奏のオマケ付き。特に後者がよかったなあ。
今回のアルバムに収録されるであろう楽曲はto stanfordしかり、サントリーオールドしかり、いい曲ですよね。これはアルバムの出来を大いに期待していいかもしれません。楽しみです。

番組の内容ですが、演奏以外にもニューアルバムにまつわるエピソードが興味深かったです。特に坂本さんの音を採集する行為がボクの中にあるサウンドスケープ魂を非常に刺激してくれました。久しぶりに自分が好きな自然音を探しに出かけようかな。まずは池澤夏樹作品「帰ってきた男」を読んでからにでも。「スティル・ライフ」もいいかもしれない。

最近そういう気持ちを忘れているんですよね。
特にこの1年は最悪です。一番ダメになっているかもしれない。
もっと趣味に生きないと。

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

TV *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
2009/02/12 [Thu] 22:10:50 » E d i t
京極夏彦作品、しかも大作「鉄鼠の檻」を少しずつ読み始めました。
読書リハビリとしては少々重いのですが、読了後「読んだ」という満足感を得ることが出来れば次につながるのではないかという甘い考えからですが。しかし今から十年以上前に読んだというのに全く古さを感じさせませんね。元々昭和初期の物語ということもあり、最初から古い雰囲気を醸し出していたのですが、その古さというものが、少しも古くなっていないのです。古いのに古くない…、なんとも不可思議な評価ではありますが、そうとしか言えないわけです。

忽然と出現した修行僧の屍、山中駆ける振袖の童女、埋没した「経蔵」……。箱根に起きる奇怪な事象に魅入られた者――骨董屋・今川、老医師・久遠寺(くおんじ)、作家・関口らの眼前で仏弟子たちが次々と無惨に殺されていく。謎の巨刹(きょさつ)=明慧寺(みょうけいじ)に封じ込められた動機と妄執に、さしもの京極堂が苦闘する、シリーズ第4弾!

この紹介を読むと殺伐として雰囲気なのかなと思うかもしれませんが、そんなことはないんですね。この「百鬼夜行シリーズ」はなんといってもメインの登場人物たちが魅力的に描かれているので、どこか明るいんですね。
中野で古本屋「京極堂」を営む男、中禅寺秋彦。
「薔薇十字探偵社」の私立探偵、榎木津礼二郎。
小説家、関口 巽。
刑事、木場修太郎。
といった主要キャラクターたちが大活躍(?)するわけです。

シリーズ作品、それは小説でもテレビでも映画でもかまいません。
ある作品が面白かったから新作を読む。
すると前作のキャラクターが登場して活躍していて、懐かしい知人に再会したような気分になった体験はありませんか。
このシリーズは全部読んでいるのですが、途中の話を読み返すことで、また別の懐かしい思い出に触れるような気分になれるのですね。

そんなわけでかなりの長編なのでいつ読み終わることやら。
まあ、ゆっくり楽しみます。
自分が好きな本を読み返すことで、仕事とのバランスを取ります。
そのバランス感覚を崩していたような気がします。うん、きっとそうだ。

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

書籍 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
[MUSIC-150]CD購入日記14 
2009/02/11 [Wed] 20:18:12 » E d i t
今日は祝日ということもあり中古店などに。
別に祝日でなくても行きますけれど、気分転換に一番いいです。
購入しなくてもCDが整然と置かれている棚を見るだけでリラックスできますね。
新品を扱っているショップと違い、何があるか分からないのがいいです。

今日は105円の書籍を随分購入しました。
どんどんたまっていきますね、この部屋。
収納スペースもそのうちに限界になるんだろうなあ。

CDは5枚ほど。
シャーデー/STRONGER THAN PRIDE
シャーデー/love deluxe
天野清継 国府弘子/へヴン
つじあやの/COVER GIRL
オムニバス/ボン・ボン・フレンチ2

シャーデーは以前から聴きたかったので購入。残念ながら音質は悪いです。
80年代から90年代にかけてのディスクだから仕方ないかな。
似たような傾向でエヴリシング・バッド・ザ・ガールも集めようと思ってます。
二枚目が好きなんですね。

国府弘子さんの作品はコマメに集めているので。
あんまり好きなアルバムではないのですが…。

つじあやのさんはシュガーベイブのパレード聴きたさに。
声質が明るく軽快ですよね、彼女は。

オムニバスCDはフレンチポップス、シャンソンのコンピレーションアルバム。
アプレミディシリーズとは違い、知る人ぞ知る、というアーティストばかりではなく、フランス・ギャル、クレモンティーヌ、ジェーン・バーキン、ミシェル・ルグランといったメジャーなアーティストが中心となっているので、一般の方でも楽しめる内容に仕上がっていると思います。

どれも250円~500円程度なのでまあいいでしょう。
問題は3月。幸宏アルバム。
全部購入したい気持ちはあるのですが、とりあえずベスト盤と東芝時代の作品に厳選してみようかな。

明日は別の店で中古CD15%オフやっているのでまた立ち寄ろうかな。
今年は購入控えようと決心したような気がしますが、2月半分にして既に破っているような…。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2009/02/10 [Tue] 21:22:46 » E d i t
朝日新聞の書評欄にこの本が紹介されていたので久しぶりに読んでみました。
しかし1997年刊行の書籍がなぜ今。文庫化されたのですがそちらも絶版ですから。
この本は池澤先生による旅にまつわるエッセイ集です。
ボクは基本的に旅はしない人なのですが、紹介されている場所、正確には池澤先生が体験した思い出を読んでいると、実際にその場所に行きたくなりますね。

そういえば最近、全然本を読んでいないなあ、とこの本を読みながら思いました。
今年1年は通勤と仕事が忙しかったし、少しでも空いたがあると音楽と映画三昧という具合なんですよね。シアタールームの弊害かな。部屋に入るとついプロジェクターを。

ボクの場合は運良くシアタールーム兼書斎を持っているんですが、自分の部屋を持っている人ってどれくらいいるんでしょう。子供部屋は比較的確保しやすいかもしれませんが大人はどうなんでしょう。ボクは大人にこそ自分の部屋、大きくなくていいから自宅に自分の部屋=居場所があるというのは大切なことだと思いますね。もっとも大きな部屋を所有していても利用していないのでは意味ないですよね。そんなわけで今日も自室で音楽など。明日は休日、嬉しいな。
で、本は…。

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

書籍 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。