音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/12/26 [Fri] 23:55:21 » E d i t
今年は色んな目標を立てたのですが出来なかったことも多いです。
なんといっても仕事上、想定外の異動があって混沌としていたので。
特に小説関係は設定のみ緻密に作り上げたのですが、
本文に取り掛かることが出来なかったのが残念。
毎月、締切日を決めて書いていく方がいいかも。
来年の検討課題ですね。

旅行というか長距離移動は出来ましたね。
出不精のボクが東京に二度も出かけたというのは意外でしたけれど。
来年もきっと長距離移動しようと思ってます。色んな出会いもありましたし。

CDも過去音源は勿論、新譜もよく聴いたなあ。
特にクラシックが例年より聴く機会が多かったですね。
高嶋ちさ子さんが多くて、コンサートも二回行くことになったり。
4,650枚が昨年末のCD枚数でしたが今年はどれくらいになったんだろうな。
果たして5,000枚突破したのかな。

そんなわけで一年前と同じように大雪が降って飯島真理の「ロゼ」を聴きながら通勤している自分がいるわけです。来年もこんな感じで今年と同じような日常を過ごすであろう自分がいそうです。でもそんな変化があまりない日常がいいのかもしれませんね。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

雑談 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
2008/10/07 [Tue] 22:04:55 » E d i t
今日は一日体調が悪くて大変でした。
日中頭痛と腹痛。薬に負けてダウン気味。

そんなわけで今夜は音楽を軽く聴いて早めに休みます…。
熱が出そうな予感…。出したこと、まずないけど。
皆さんも季節の変わり目ですし、くれぐれも体調を崩さないように。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:ライフ

雑談 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
2008/05/29 [Thu] 21:57:20 » E d i t
たまには社会派きどりで。

押し入れの天袋に女 マットレス持ち込み、隠れ住む?
2008年05月29日10時36分

 民家に忍び込んだとして、福岡県警粕屋署は28日、住所不定、無職堀川タツ子容疑者(58)を住居侵入の疑いで現行犯逮捕した。押し入れの天袋にマットレスが持ち込まれており、同署は数カ月間隠れ住んでいた疑いもあるとみている。堀川容疑者は「住む所がなかった」と話しているという。

 調べでは、堀川容疑者は28日午後3時ごろ、同県志免町の無職男性(57)宅に侵入した疑い。

 男性は一人暮らし。家の中で食べ物がたびたびなくなったことから、何らかの反応があると画像を携帯電話にメールで送る仕組みの警報装置を設置。28日午後に外出した際、家の中で人が動き回る画像が携帯に送られてきたため110番通報した。駆けつけた粕屋署員が、天袋に隠れていた堀川容疑者を見つけた。

 同容疑者は以前にも男性宅に侵入したことがあるらしい。天袋にはペットボトルなども持ち込まれていたという。


このニュースを読んで、僕は二つの物語を思い出しました。
江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」と宇野浩二の「夢見る部屋」の二作品です。
前者はともかく宇野浩二の名前を知っている人というのはかなり少ないかもしれませんね。

江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」。
舞台は東京のうらぶれた下宿館。屋根裏を徘徊し、住人たちの淫らな私生活を覗き見していた青年が、次第に恐ろしい犯罪に手を染めていくという物語で比較的ご存知の方は多いのではないでしょうか。映画にもなっていますね。

問題は宇野浩二の「夢見る部屋」ですね。
妻もあり子もいる小説家の男の奇妙な生活を書いたもの。
この男は夢見がちな人間で、かつ秘密癖があり、部屋ができるだけ誰の目からも遠ざけられることを願い、部屋中に山の写真を飾っては眺めて楽しむ毎日を暮らす。そんな男がある時新しい女のために新しい部屋を借りるのだが…。、というような物語。

このニュースの彼女も実は後者の小説家のような気分だったんじゃないかな、と考えたりして。
でもきっとそれは考えすぎですね。だってこのニュースからは彼女の物語が感じられないもの。しかも少しも幸福には思えない。

新しい部屋を女のために借りた小説家はそこで何をするのかといえば、部屋の壁にかねて愛着のある映像の数々を大きく写し出すことに夢中になり、天井のガラス張りの覗き穴越しに、夜空の星々のきらめきを眺めてひとり楽しむ、わけです。どうです、子供のように喜んで幸福感いっぱいだと思いませんか。まったくうらやましい。

そんな二つの物語を思い出しました。
佐藤春夫の「美しい町」も世界観が近いとは思いますがそれはまた別の機会に。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

雑談 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
[雑談]懐かしの図書館 
2008/05/13 [Tue] 22:38:18 » E d i t
今日は久しぶりに図書館へ出かけました。
正確には仕事帰りに思いたって立ち寄ったのですが。
四月から職場が異動になり、職場の近くに大きな図書館があるにもかかわらず、です。

考えてみれば図書館に行くのはいつ以来なんだろう。
一年ぶり、いやそれ以上でしょうか。
ずっと仕事が忙しく、いや言い訳ですね。
結局のところ気持ちに余裕がなかったんだと思います。
久しぶりの図書館は懐かしい、図書館独特の匂いに包まれていました。

そういえばこんな思い出が。
自分の小学校入学式後のホームルームで「図書室はどこですか」と先生にひとこと。
なんとも自分らしいエピソードだと思います。
当時はよほど本が好きだったんだなあ。
懐かしい気持ちになります。

そんなわけで今日は二冊ほど借りてきました。
ノンフィクションと海外小説。
今、一冊読んでいるので同時進行で読んでいこうかな。
でも無理は禁物ですね。楽しく読まないとね。

皆さんは最近何か本を読んでいますか。
小説?それとも?

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

雑談 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
[雑談]三月 
2008/03/19 [Wed] 23:52:00 » E d i t
三月は毎年、忙しい。
毎日の仕事は当然だけれど、夜は夜で卒業関係のビデオ製作。
夜も遅くなってくると日中の疲れが思考能力を鈍らせる。

そんな中で書くMIXI日記は全然満足いかない出来。
それが何回か続くと自分で自分が嫌になってくる。

自己嫌悪の日々が続く三月。

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

雑談 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。