音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/02/17 [Tue] 23:55:16 » E d i t
少しだけ気分が落ち着いたので少しだけ本を。
といっても新刊ではなく何度も読んだ本で、おなじみの池澤夏樹作品「スティル・ライフ」です。
何度読んでも自分のために書かれた作品という気がしますね。
こんなに欲がない物語でいいのだろうか、とも思いますし。

それにしても初めて読んでからもう二十年が経過したというのに、ボクはこの物語の「ぼく」や「佐々井」のようにはなれませんね。こういう人間関係も築けそうにもないですし。

こんな同性の友人が欲しいものです。
いや、そういう友人を得たとしても結局反発してしまうかもしれませんね。
ボクはどこまでいってもボクであり、自分の殻を破ることが出来そうにないですから。
きっとその殻は人よりずっと堅く厚いような気がします。

その勢いで、古川日出男短編集「gift」から「ぼくは音楽を聞きながら死ぬ」を。
これも何度も何度も読んだ物語ですね。
十五枚程度の作品で10分もあれば読み終えてしまうのですが、この物語は音楽に溢れています。池澤夏樹「帰ってきた男」の系統ですね。熱くなく静かで静謐さに溢れている、そんな音楽、いや音物語とでもいうような作品。

新しい物語を濫読するのもいいですが、何度も読んだ物語を再読するのもまたいいものですね。
古いけれど新しい発見がいくつかありますから。人生短いし、そういう楽しみ方もいいかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

書籍 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/725-eda23e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。