音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
[ANIME-013]三丁目の夕日 
2009/02/09 [Mon] 23:42:19 » E d i t
三丁目の夕日といえば劇場版「ALWAYS 三丁目の夕日」が印象深いですね。
特に鈴木オートにやってくるのが男性の六さんではなく、堀北さんが演ずる女性の六ちゃん。
この改変には賛否両論ありましたが、ボクはよかったと思いますね。
逆にボクにとって堀北さんは永遠に六ちゃんなんだろうなあ…。

この作品には原作コミック版もあるのですが、実は1990年制作のテレビアニメ版もあるんです。
主題歌を富田靖子が歌っているというのもまた時代を感じさせるのですが。
当時、裏番組がドラえもんということもあり、視聴率で勝てずほぼ打ち切り状態で終了。
ちびまるこちゃんが昭和50年代を描いた作品で本作は昭和30年代を描いた作品。
逆に今ならば受け入れられるかもしれませんね。

そんなわけでCS日本映画専門チャンネルで現在アニメ版を放送しているのです。
これは劇場版二作を現在放送しているのですが、そのつながりですね。
劇場版と違い鈴木オート中心に展開するということではなく、三丁目を舞台にした群集劇とでもいうような原作に近い作品です。
ほぼ毎日四本放送されるのでこまめに見るようにしています。

それにしても作品中で実によく人が亡くなっていきます。死が身近な場所での出来事ではなくて、病院での遠い出来事になってしまったということなのかもしれませんが。色々考えさせられます。

逆に今の時代が今生きている子供たちが将来物語として残したとしたらどんな物語が生まれるのでしょうね。
まあ、それは今の時代を生きる子供たちが考えればいい話でしょうけれど。
きっと新しい、ボクたちが想像がつかない物語を生み出すんでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/717-7698049f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。