音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/01/24 [Sat] 23:16:56 » E d i t
i-pod朝の1曲目は土岐麻子さんの「ふたりのゆくえ」でした。

この曲は最新アルバム「TOUCH」の最終曲で、どこか大貫妙子さんの雰囲気なんですよね。
雰囲気といっても歌い方ということではなくて、大貫さんの音楽が持っている、都市生活者の孤独感が感じられるんですよね。この場合の孤独感というのは寂しいということではなくて、都市に1人で生きていることの自由というものも含めた寂しさなわけです。だから悲しい寂しさではないのです。かつてシティポップが確実に持っていたこの孤独感が彼女の曲にはありますね。

この曲に限らず今回のアルバムは、外に開かれている気がします。マニアだけにとどまらずもっとたくさんの普通の音楽ファンに届いてほしいなあ。変に土着的でなく、そう、青空のような音楽。なんとなくEPOの音楽を聴きたくなりました。

さて「ふたり」はどこに行くのでしょうね、これから。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/701-5831e0d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。