音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/01/22 [Thu] 23:44:19 » E d i t
今年はブルーレイソフトがかなり発売されることが予想されます。
というものの、購入したまま未見のDVDというのが結構たくさんあるんですね。
このままでは観ないままブルーレイを購入しかねない、というわけで、ふしぎの海のナディア全話を見た勢いで観ていこうと思ってます。でも画質が厳しいんだよね、スクリーンで観ると。

この作品は比較的画質は悪くなかったです。
音声も公開当時はモノラルでしたが、DVD化にあたり5.1ch化していますし。
それにしてもこの作品知っている人ってどれくらいいるんだろう。

平井和正原作、石森章太郎作画のマンガ版、及び後に平井和正自身の手で執筆された大長編小説版の同題SF作品を原作に、角川映画のアニメーション大作として1983年に製作、公開された作品。
宇宙の果てから、あらゆる生命や文明を滅ぼそうとする者、幻魔が、地球が存在する銀河系へとついに押し寄せてくることを知らされたプリンセス・ルナ。地球、そして全宇宙を救うため、彼女はサイボーグ戦士ベガとともに、日本の高校生、東丈ら世界に散らばるサイオニクス戦士たちを集結させ、幻魔との決戦に挑む。
わずか135分の上映時間内で全20巻にもおよぶ膨大な原作の物語をうまく処理し切れていない感はあるにせよ、大友克洋のキャラデザインに、金田伊功による素晴らしいエフェクトは、今なお色褪せることはない。

一番の魅力は引用後半にも書かれていますが、大友克洋のキャラデザインと、金田伊功のアニメーション技術ですね。この当時金田さんの作画は神がかってましたから。様々な作品中においても彼の作画は一発で分かりましたからね。あとはサントラですね。質がいいと思います。もちろんCD購入しています。

とりあえず観ましたがブルーレイ購入はないかなあ・・・。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/699-f173490d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。