音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/12/18 [Thu] 23:56:23 » E d i t
今日は深夜まで雑事がありました。自分の時間を返して欲しかったなあ。
終了後、自宅に帰ったらアマゾンから小荷物が。
悪いことがあればいいこともあるということです。
結局、疲れているのにもかかわらず延々と大音量で聴いてしまいました。
やっぱり細野派だなあ、自分はと実感しました。
というかこの時期のものはアフターYMOということで坂本さんも幸宏さんも音楽が面白いです。やっぱり作り手には安定した回顧音楽より斬新な実験音楽を望みたいものです。

本日届いたCDは細野晴臣がテイチクで発表したアルバム。
細野晴臣
「SFX」
「銀河鉄道の夜オリジナルサウンドトラック」
F.O.E
「THE WORLD OF F.O.E」
「SEX,ENERGY&STAR」
以上四枚。
細野さんのこの時期の作品は好みですね。音が硬くて。
音が硬いというのは無機的ということではなくて、音の一つ一つが重いということですね。
金属的というか鉱物的というか。アンビエント時期のものは水や空気的という感じですけれど。

例によって再発ですが、今回は紙ジャケット仕様、リマスタリング処理、新素材SHM-CD仕様、そして限定盤というボク好みの商品となっています。
ネット配信時代ではありますが、やはりパッケージソフトは購入して手に取れる楽しみがあるので嬉しいです。
特にF.O.Eの2枚は1986年以来のリマスター処理がされているので音質が格段によくなっています。新素材SHM-CD仕様というのもいいですね。オーディオシステムそろえておいてよかった。

細野オリジナルソロ作品は、一月に発売されるソニー時代の音源でほとんどリマスター作業が終了するわけですが、こうなるとMIDI時代の坂本龍一作品も期待してしまいますね。誰に頼んだらいいんだろ、再発依頼。このブログがもっと影響力でもあればいいんですけれど。まあ、一ファンとして正式アナウンスがあることを楽しみにしつつ。

再発はいいんですがいつも困るのは過去に発売された音源(CD)をどうしようかということ。
誰か欲しい人いますか。
持ち歩いて聴いているので細かい傷がついていて、中古屋にももっていけないんですよね。
もっとも中古屋には売る気持ちは皆無ですけれど。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
細野作品、着々とリマスタリングされてるんだ。
MIDIの坂本作品もぜひぜひ、していただきたい!

細野さんのCD、中古店はあまり見かけないですよ。
あったとしてもとってもいい値段がついていますし、なかなか手が出ない。
「THE WORLD OF F.O.E」は、たしか持ってますが、それ以外は持ってないので、欲しいなぁ~。
というわけで、『はいっ!』と挙手してみよう。
2008/12/20 Sat 16:45:27
URL | スケ #0DW/rr8Y[ 編集 ]
>細野作品
スケさん

「THE WORLD OF F.O.E」というあたりがマニアックでは。このアルバム、当時と比較すると全然別物です。未来派野郎も同時期なのでリマスターされたらきっとまた楽しめるだろうなあ…。充分減価償却はしているだろうけれど。

挙手、一票ですね。
2008/12/21 Sun 22:34:51
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/662-8a032be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。