音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/12/02 [Tue] 21:56:34 » E d i t
今日の通勤音楽は高橋幸宏東芝EMI時代の最高傑作「EGO」。
このアルバムもこの時期、集中的に聴くアルバムのひとつ。

このアルバムほど力がある高橋幸宏アルバムをボクは知らない。
ある意味で彼自身の頂点と言えるアルバムではないだろうか。

この場合の頂点というのは作品としての出来不出来ということではなく、
生々しい感情であるとか自分自身を抑制していない作品に仕上がっている、ということなのだが。

大人の音楽という表現が仮にあるとしたら、このアルバムは大人気がないアルバムなのかもしれない。生々しい感情をそのまま出しているし、なにより聴き手側にそれが感じられてしまうから。
大人はそんな生の感情など出しはしない。自分の感情でそれを制御することが出来るから大人だと言われているのだから。

ただ、ボクは生の感情を出しすぎているこのアルバムが好きだし、何より生の感情を抑制が出来なかったこのアルバム時期の高橋幸宏という音楽家を評価したい。いつ聴いてもその感情が伝わるし、臆せずひとつの作品として仕上げたことに。

そしてその形にならない何かがボクには確実に伝わっているのだと改めて思った朝の通勤時間だった。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
タイトルの「EGO」には、そんな意味が込められているのかもしれませんね。
 やっぱりeroticが好きです。
2008/12/03 Wed 10:56:57
URL | ユリ #-[ 編集 ]
>タイトル
ユリさん

タイトルはそういうことでしょうね。間違いなく。
そういうストレートなところがこのアルバムの魅力だと思います。

ボクは何度も書いていますがやはり「LEFT BANK」ですね。この曲が聴けただけで満足してます。
2008/12/04 Thu 19:55:56
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/646-394d8e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。