音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/11/25 [Tue] 21:14:52 » E d i t
冬になるとオーロラの夢を見る。

夢といっても睡眠中に見る夢ではなく、日常のふとした瞬間、ここではないどこか別の場所に思いを馳せる、その瞬間のことを言うのだけれど。もちろん写真などでオーロラ自体のことは知っているけれど、実際に見たらどんな感情が生まれるのだろうか。

オーロラ、北欧、そしてケルト音楽。
イギリス・アイルランドにはその全てがある。
いつか行けるだろうか。

ザバダックの音楽を聴く度にそんな未知なる場所のことを思う。
どのアルバム(ただし上野洋子さんが在籍した時期のみ)にも、ボクが持っている北欧のイメージが感じられるのだが、このアルバム「遠い音楽」は特にその印象が強い。なので冬になりオーロラの夢を日常に見るようになると自然にこのアルバムを聴くことが多くなるのだ。

「遠い音楽」「愛は静かな場所に降りてくる」「Sarsh」。
遠い遠い場所へと誘う3曲。
上野洋子さんのまっすぐな声に心が静かになる。

冬の朝、雪が降りそうな朝に聴きたくなる、そんなザバダックの音楽。

こちらで、zabadak - 遠い音楽が聴けます
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
いまだ訪れたことのない場所なのに、いつもこころに浮かぶ心象風景、
というものがありますよね。
私は小さい頃からギリシャに憧れています。
初めてギリシャ神話を読んだ時に刷り込まれたんでしょうけど、自分の中で勝手にギリシャが出来上がっています。空気感とか、陽射しとか、海のいろとか。
今すぐに行きたいわけじゃなくて、ずっと憧れている場所かな。
そんなことを考えました。

未来派さんがオーロラに想いを寄せるようになったきっかけはなんですか?
2008/11/26 Wed 11:38:43
URL | ユリ #-[ 編集 ]
>いまだ訪れたことのない
ユリさん

オーロラに想いをよせるきっかけ…。
難しい質問ですね。考えてみたらどうしてだったんだろう。飛行機嫌い、しかも出不精のボクが。ちょっと考えてみますね。映画、本、テレビ…うーん。
多分ほんの些細なきっかけなんだろうと思いますけれど。ルーツ探し、楽しみ。

ギリシャ。
そういえば池澤夏樹先生も一時期ギリシャに住んでいたんですよね。一冊本を書かれています。

今の自分が憧れている場所はどこだろう。
2008/11/26 Wed 21:50:06
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/639-67084d74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。