音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
[BOOK006]福永武彦/廃市 
2008/11/17 [Mon] 22:19:02 » E d i t
そろそろ雪の季節。
こちらではこの数日が秋と冬の狭間というところでしょうか。
降るのかな。通勤を思うと憂鬱。

そんなわけでこの秋は読書三昧といきたかったのですが、ほとんど読まずじまい。かろうじて数冊というところでしょうか。なんといってもCS日本映画専門チャンネルに加入して昭和ゴジラ特集、相米監督特集を延々と見続けたということ、仕事でかなり煮詰まってしまっていたこと、まあそれらが主原因ですね。

でもこれではいけない、冬になる前に少しでも読書をと、福永武彦の廃市などを読みました。この作品も実は大林宣彦監督によって映画化されていて、前記の日本映画…で久しぶりに鑑賞したということも、福永作品を読もうと思った理由のひとつでもあるのですけれど。

福永武彦といえば、特撮ファンにとって印象深い作品なのです。実はモスラという映画があるですが、何故か福永さんが脚本を手がけているのです。そのためか第一作のモスラは幻想的でメッセージ性が強かったりします。あとは言うまでもありませんが池澤夏樹先生のお父さんでもあり、声優の池澤春菜さんの祖父でもあるわけです。うーん、芸術家族。

水郷のあるロマネスクな町を背景に、悲劇的で古風な美しさをたたえた姉と、快活でよく笑う妹に、同時に愛された青年の孤独な生を捉えた作品


舞台は柳川です。そういえば最近読んだ恩田陸の「月の裏側」という作品の舞台は箭納倉。両方とも偶然に水の街を舞台にした物語ですね。

水の町、憧れます。
こちらは水の町ならぬ、雪の街にそろそろ姿を変えるわけですね。
片や水郷都市、片や雪の街。
日本は広いです。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

書籍 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
20年ほど昔(という表現が簡単にできる歳になってしまった)、
神戸に住む知人を案内して柳川に初めて行きました。
何かの舞台になっているから、ということでしたが、もしかしたらこの「廃市」だったのかもしれませんね。
身近にある私にとってはなんて事のない街も、遠くに住む人にとっては憧れの地であるということを、そのときに初めて知りました。

そして20年。私にも焦がれてやまない未知の街が出来てしまいました。
しかし日本は広いのですよね。
2008/11/18 Tue 10:10:40
URL | ユリ #-[ 編集 ]
>20年ほど昔
ユリさん

遠くに住む人にとっては憧れの場所である場所で暮らしているというのがなんともいえないですね。ボクらの幸せもそんなものなのかもしれません。

それにしてもユリさんが焦がれてやまない未知の街ってどんなところなんでしょうね。日本?いや案外海を越えた外国の都市なのかもしれないなあ。

自分にはそんな場所、あるのかなぁ。
2008/11/18 Tue 21:01:35
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/632-79b30946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。