音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/11/02 [Sun] 21:40:57 » E d i t
少々遅れましたが先週、東北の小京都、角館に行ってきました。
自宅からは一時間半程度なので近いといえば近い場所です。
確かに趣がある場所ではあります。ゆっくりとした気持ちになれますね。

訪問した理由は男鹿和雄展です。

男鹿和雄さんについてご存知ない方のために少々補足しますと、
スタジオジブリ作品の背景原画をたがけられている方といえば分かりやすいのではないでしょうか。
となりのトトロから最新作ポニョまでほとんどの作品に携わっているんですね。

一番印象深いのはやはりとなりのトトロというところでしょう。
男鹿さんはこの作品では美術監督として参加されているということもあり、
全編に渡り背景原画を手がけています。
いわば彼がいなければあの牧歌的な里山的な風景は生まれなかったということです。
別の美術監督だとしたらまた別の雰囲気だったのでしょうけれど。

考えてみれば男鹿さんは秋田の出身です。
原体験として確実に自分の作品のどこかに秋田の、東北の風景があるのは間違いないと思います。
男鹿さんの描くところの数々の風景にどこかしら感じる寂しさというのはそのあたりに理由があるということなんでしょう。もののけ姫の前半にも共通する日本的な、いや東北的な自然の姿が。

とはいうものの、トトロで描かれている里は実は純粋な自然、というわけではないです。里山という人間が手を加えた、自然なんですね。純粋な自然の姿ではないのですが、やはり郷愁を感じざるを得ないのですね。

帰りはしっかりと展示カタログを購入して帰りました。
でも原画自体が持つ立体感が印刷ではつぶれていて残念でした。
色は忠実に再現されているのですが。
機会があればぜひとも原画をご覧になることをオススメします。

これだけのスタッフが勢ぞろいしているジブリ作品がいい作品にならないはずがない、そう感じた男鹿和雄展でした。また機会があれば色んな方の作品を鑑賞してみたいものですね。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント

男鹿さんという方が担当されていたのですね。

トトロに出てくる風景や場面って、子供の頃に経験があるような気がします。
もしかしてあのとき猫バスが走ってたのかなあ、とか、
あれはトトロの仕業だったのかなあ、とか…
いつみても発見となつかしさが味わえる気がして大好きです。
そんな私の気持ちを知ってたのかな?
先日私の誕生日に、子供が白いちびトトロ?のマスコットをプレゼントしてくれました。
やった。かわいいお友達がまた増えちゃった。
2008/11/03 Mon 20:52:39
URL | ユリ #-[ 編集 ]
ユリさん

トトロを劇場で見たというのはちょっと自慢かも。
当時は全然ヒットしなかったんですよ、ホント。
宮崎監督のファンだったので、宮崎監督作品は必ずリアルタイムで見たものでした。今もそれは変わりませんが、あの時とは違う気持ちですね。

それはいいとしてトトロのような郷愁を誘ってくれる作品っていいですよね。音楽でも時々ありますね。西村由紀江の一部なんかそうですね。

白いちびトトロですか。
いいプレゼントですね。
そういうプレゼントはどういう風に扱われているのか気になりますね。
2008/11/04 Tue 22:08:20
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
私も行きました。
展示の最後のほうにある、制作過程を映したビデオに釘付けでした。
あんな風に描けたら気持ちがいいでしょうね。
2008/11/06 Thu 00:03:30
URL | e_ko #-[ 編集 ]
>私も行きました。
e_koさん

色々感動した男鹿和雄展でしたが、
特に青い空に白い雲を描いた作品が印象深いです。
記憶の中にある夏がそこにあるんですから。
写真では絶対に再現することが出来ないあの空が。

e_koさんも書かれる人なんでしょうね、きっと。
ボクは絵画には全く疎いのですが、行ってよかったと思ってます。

制作過程ビデオ、確かに人がたくさんでした。
2008/11/10 Mon 00:28:15
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/627-1832341d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。