音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/02/21 [Thu] 22:14:00 » E d i t
ipodシャッフル機能による今朝の1曲目は「坂本龍一/SAYONARA」でした。

この今朝の1曲目シリーズ、なんと百回を数えました。
色々なことがあったなあと改めて思い返したりしています。
いやな思い出も多いけれど楽しいことが多かったな。

僕のipodには色々と「サヨナラ」の曲が入っています。
東海林修の「サヨナラ」
細野晴臣の「SAYONARA」
サンディーの「SAYONARA」

サヨナラっていい言葉ですよね。
日本語にはたくさんそんないい言葉があります。
「おはよう」「こんにちは」「ありがとう」「おやすみ」。そして「サヨナラ」。
大林宣彦監督作品「時をかける少女」の主人公芳山和子はそんな言葉をたくさん使うのですが、それがあの作品の瑞々しさを際立たせていたように思うのです。

下品な言葉、聞くに堪えない言葉、流行しているだけの言葉…。
そんな言葉をありがたがって使う必要なんか全然ないと思います。
かといって上品な言葉を使えばいいということでもないのです。
自分の身の丈にあった、自分の気持ちがこもった言葉さえあれば、その気持ちは他人に伝わるはずなんですから。

「サヨナラ」。
今までどれくらい重ねてきただろうか。
これからもきっとたくさんの「サヨナラ」がある。
でも悲しいけれどなんだか希望あふれる、そんなひとつの言葉「サヨナラ」。

もうすぐ三月。春はもうすぐ…。僕も。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/61-7dfcd3d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。