音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/09/02 [Tue] 22:23:06 » E d i t
風の扉

今はもうレストランになってしまったが、1990年のある秋の日、確かに彼女の歌声があの場所に響いていたのだ。ピアノの心地よい音色と一緒に。
だから彼女はあの時のままずっとボクの心の中に生き続ける。
ボクがこの世界からいなくなってしまうその日まで。

彼女は鈴木祥子。
当時まだ三枚目のアルバム「風の扉」をリリースしたばかりのまだまだデビューしたての新人ミュージシャンだった。今ではもうデビューして二十年もの歳月が経過してしまっている。時間の流れの速さに驚かされる。

この時期、何故かエピックソニーの新人ミュージシャンがボクの住む地方都市に相次いで訪れていたのだ。彼女もその一人。
必ずしも広いステージではなかったし、観客もそれほど多くはなかった。
それでも自分の好きなアーティストの姿はただただ眩しかったし、なにより彼女が奏でる一つ一つの音がイキイキと輝いていた。
その瞬間、ボクは何かを理解していたのだ。
音楽にマジックを感じたのだろう。それも極上のマジックを。

「こんな時間が日常だったらいいのに」
それがあの瞬間の偽りのないボク自身の心境だった。
あの時間が永遠に続いてほしかった。

ボクはといえば、ネオアコースティック派と言われるアーティストたちの音楽に出会った時期。遊佐未森、高野寛、ザバダック、フェビアン等など。サイズ、フェアチャイルドなどの音楽も同時に聴いていた時期でもあり、YMOではない、新しい音楽の潮流が耳に心地よかった。これらの音楽に対する感情が落ち着き始めた頃、ボクはテクノ、アンビエントの旅へと出かけることになるのだが、それはまた別の話。
そんな時期に出会った大切なミュージシャンの一人が鈴木祥子なのだ。

余談ではあるがデビュー前に高橋幸宏と鈴木慶一のプロジェクト、ビートニクスの酸欠ライヴでドラムを叩いていた姿が思い出される。そのプロジェクトにはギターで高野寛も参加したのだから、今にして思えばなんと豪華なステージだったのだと思う。彼らは若く、ボクも若かった。

そんな彼女のステージを見たのが秋のこと。
だから彼女の音楽を聴くと秋を思い出すし、
秋になると無性に彼女の声と音楽を聴きたくなる。
だからボクにとって彼女は永遠に「秋」に生きる人。
秋の空の高さのように、けっして手に届かない、そんな存在。

今も彼女はこの世界のどこかで誰かに向けて音楽を紡ぎ続けている。
あの頃と同じように、声高ではなく小さな声で。
消え入るような、微かな、微かな声で。

この世の中に 信じられるのは
空に 風の扉が開く
音を 聴いたことがある人と
同じ数ね

風の扉/鈴木祥子


▼よろしければ「CDレビュー」、「音楽ブログ」、そして拍手のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
昨夜は「音楽図鑑」聴きながら夜を過ごしましたよ。
続いてスウィート・リベンジも。
そして、イヤホンをはずすと虫の鳴き声。
まだまだ蒸し暑い日が続くけど秋の夜長だなあ、って思いました。

鈴木さんは残念ながらきいたことないんだけど
素敵な方なんでしょうね。
永遠のままの1990年の秋。いいですね…
私、何してたっけなあ。
2008/09/03 Wed 11:00:28
URL | ユリ #-[ 編集 ]
>昨夜は「音楽図鑑」
ユリさん

音楽図鑑、本当にいいですよね。
最近ずっと聴いてます。未来派野郎も聴かないで。
これでもう少し音質がよければなおいいのになあ。

鈴木さん、今夜も聴いてみようかな。
やはり初期の初々しい姿がいいです。
遊佐未森、高野寛、フェアチャイルド…。
あぁ。
2008/09/04 Thu 20:19:55
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
1990年、なにしてたっけ?とここ数日思い出せなかったんですけど、片付けの最中に取り出したカセットテープを聴いて、思いだしました。
当時よく聴いていたもので、一瞬にしてその頃の風景や空気まで思い出してしまいました。
凄いですね。音の記憶って。
90年といえば、私にとって転機の年だったかな。

そんないろいろを、思い出させてくれて、ありがとうございます。
2008/09/07 Sun 00:12:30
URL | スケ #0DW/rr8Y[ 編集 ]
>1990年、なにしてたっけ
スケさん

きっと記憶を蘇らせる力が音楽にはあるんだと思いますね。いや、音楽だけじゃなくて様々な出来事の中に確実に存在していて、それに気がつけるかどうかでその人の豊かさが分かるような気がします。この場合の豊かさはお金持ちだとかそういうものではなくて、精神的なものなんですけれど。

自宅にはまだまだカセットやビデオテープがたくさんあります。今日あたり整理してみようかな。
2008/09/08 Mon 21:34:03
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/551-b0d30a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。