音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/08/31 [Sun] 23:24:08 » E d i t
アプレミディ・ヴォイセズ
スウェーデンの女性ヴォーカルをテーマにスタンダードやボサ・ノヴァの名曲をセレクション。
北欧の透明感とともに素敵な午後のひとときを彩るアルバム。

最近CDショップ(中古店も含めてですが)に行くと、必ずアプレミディのシリーズがないか探してしまいます。例の顔イラストのジャケットですが。

そんなわけで今日出かけたショップでも探したのですが、ないものですね、やはり。
地方だから仕方ないな、といつもは諦めるのですが、今日は気分を変えてジャズコーナーに。
そうしたら予想通りありましたね。
やはりあまり行かない店は隅々までチェックしないと見落としてしまいます。
もっともその隅々まで見るというのがまた楽しい行為でもあるのですが。

今日のアプレミディシリーズはいつもの顔イラストではありませんでしたが、
ジャケットをみた瞬間、即購入決定してしまいました。いい写真だなと一目ぼれかな。
こういうジャケットを見るとLPサイズでこの写真を見てみたい、と思いますね。

なんといったらいいのかな、この写真を見た瞬間の気持ち。
小学校の頃、ちょっとだけ遅く帰る時の気分とでも言ったらいいのかな。
夕暮れ間近の空に月が浮かんでいて少しだけ涼しげな風が吹いている。
その中を一人で歩いている、ボク…。
そんな風景を思い出してしまいました。

スウェーデンといえばカーディガンズなんかが思い出されますが、
音もこのジャケットの雰囲気に近い音でした。

清らかな水をさっとすくい上げると、手のひらの中に小さな青空が映る。
湖畔に連なる針葉樹は遠くの森へと続き、その向こうには、うっすらと雪を頂く勇壮な山々がそびえている。
木々の間からは柔らかな陽光が射し、かすかに鳥の声を聞く。
空に浮かぶ真っ白な雲はゆっくりとその形を変え、静かな時間が流れている。


やはりアプレミディシリーズはいいなあ。もっと聴きたいものです。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
今日から9月ですね。
そちらでは、秋も冬の訪れも、びっくりするくらい早いのでしょうね。
そしてまた、季節の訪れとともに再燃するのでしょうか、
北欧熱…!

この写真いいですね。
私の場合、少しだけ遅くなって、急に不安になってきて、帰り道のいつも見慣れた景色が
美しくも恐ろしく見えてしまって足を速めた記憶が甦ります。
森や林に何かが住んでいる気配を感じたような…

案外こわがりさんだったんだなー。
2008/09/01 Mon 11:03:00
URL | ユリ #-[ 編集 ]
>今日から9月ですね
ユリさん

そうですね、今日は残暑厳しいって感じでしたが、真夏とは違いますね。
いよいよ大好きな季節、秋です。一年で一番過ごしやすくて感傷的になれる時期ですし。

この写真、いいんですが、残念ながら写真家のクレジットがないんですよね。特に著名な写真家ではないと思うのですが、それもまた写真に対する気持ちとは関係ないですよね。自分が好きだ、と思う、その気持ちが一番大切だと思いますから。

しかしユリさん、怖がりだったんだぁ…。
2008/09/01 Mon 21:42:34
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/548-ca866b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。