音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/07/29 [Tue] 22:10:52 » E d i t
           FOR YOU      ろんぐばけいしょん
夏の音楽第五回。

はっぴいえんどでは大瀧派ではなく細野派、
シュガーベイブでは山下派ではなく大貫派のボクですが、
夏になるとこの二人のアーティスト作品を聴きたくなる。
といっても全ての作品ということではなく、
山下達郎だと1982年作品「FOR YOU」、
大瀧詠一だと1981年作品「ロング・バケイション」ということなのだけれど。

この時期はYMOばかり聴いていたボクだが、なぜかこの二作品だけは聴いていた。
爆発的にヒットしたアルバムということもあるが、音楽に季節感を感じたということもあるのではないか。季節を感じる音楽はその季節しか聴かなくなってしまうことが多いのだが、逆にその季節にしか聴かないからこそ、記憶や思い出が鮮明に焼きつくということもあるのだ。

そんなわけでこの二作品はこの時期頻繁に聴くことが多い。
といっても全編を通じて真剣に聴くということではなくて、
「FOR YOU」の1曲目「スパークル」、「ロング・バケイション」の1曲目「君は天然色」のイントロだけで満足してしまうのだ。イントロさえ聴いてしまえば極端な話、あとは聴かなくても聴いた気分に、夏を過ごした気分になれるから不思議なものだったりする。
あとは松田聖子のアルバム「シルエット」も1曲目のイントロで満足してしまうのだった。

今流行っている季節音楽を聴いている若い世代も将来懐かしい気持ちでそれら音楽を聴くのだろうと思う。果たしてそれがどんな形態の音楽になのかは分からないけれど。

▼よろしければ「CDレビュー」、「音楽ブログ」、そして拍手のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
「ロング・バケイション」
じつによく聴きました。中3~高1のころだったかな。

大好きだった友人がくれたテープの、彼女の直筆の背表紙の文字もはっきり目に浮かびます。
なつかしいなあ。
でも、その頃のいろんな想い出がぎゅうぎゅうに詰まっていて、聴き返すのがコワい気もします。
聴いたらいろんな想いがあふれ出しそうで。
多感なときでしたからね。楽しいばかりではなく、むしろ孤独で悲しいときに一人で聴いた音楽たちに
そのころの自分が封印されているような気持ちがします。

聴いたらあふれ出す想い出をうけとめるだけの心の余裕が、自分にはあるのか不安で聴けないという音楽が、私には案外あったりします。いまだ封印をとく自信がない、とでも言いますか。
昨年、幸宏さんを聴きなおしたときも同じことを感じていたのですが。
つねに音楽と一緒の未来派さんは、そんなことはありませんよね。

でも、今なら聴いても大丈夫かもなあ。
実は昨夜から心はロング・バケイションしてるんですよね…。と、クリック。
2008/07/30 Wed 12:08:10
URL | ユリ #-[ 編集 ]
>「ロング・バケイション」
ユリさん

もう注文しちゃったかな。
思い出は思い出としておくのがいい場合もありますよ。なんていまさら言っても遅いかな。

ボクの場合はCDとして手元にあるんでつい聴いちゃうんですよね。夏になると。なので実は個人的記憶は薄れているんじゃないかな。ただ夏に聴いたということと聴いた時の雰囲気だけを覚えているのかもしれませんね。

そうだなぁ、同じような気分になるのは八神純子さんかな。聴きたいんだけど不安なんだよね。
2008/07/30 Wed 22:30:36
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
もう注文しちゃいました。
いいんです、ちょうどそういうタイミングなのでしょう。

ところで、このころのジャケットって80年代特有ですよね、懐かしい。
イラストレーションの美しさというものを認識し始めたころです。
ペーター佐藤さんとかも懐かしいなあ。

こんな風に絵が描けたらいいな、ってよく思っていました。
そんな遺伝子は別の人が受け継いだような。
2008/07/31 Thu 00:10:55
URL | ユリ #-[ 編集 ]
>もう注文しちゃいました
ユリさん

山下さんのジャケットを担当した鈴木英人さんのイラストはかなり一世を風靡しましたよね。FMステーションという雑誌の表紙を毎回飾っていたというのも今にして思えば豪華な話です。

ペーターさんといえば最近ロジックシステムのアルバムを何枚か購入したんですが、ヴィーナスのジャケットが彼なんですよね。豪華というか80年代初頭の雰囲気がいっぱいです。

自分は絵の才能がないから、イラストが上手な人って尊敬しちゃいます。

ところでロングバケイション、届きましたか。
2008/07/31 Thu 22:07:28
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/523-6c1b0cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。