音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/03/01 [Sat] 21:54:00 » E d i t


1983年当時ある雑誌で海外の人々に「浮気なぼくら」、松田聖子のアルバム、そしてもう一枚(アーティストの名前を失念したが)アルバムを聴かせるという企画記事が掲載されていたことを憶えているのだが、「浮気なぼくら」ではこの曲の人気が強かったのが印象深い。ちなみに「LOTUS LOVE」の人気も高かったのだけれど。

僕は「音楽」「邂逅」「以心電信」あたりが好きな傾向の曲なので、その結果に「海外の人々の嗜好にあった曲なのだろう」と妙に納得してしまったのだった。両方とも細野作品であり、次作「サーヴィス」ではさらにその傾向が強まっていくのだが、それはまた別の話。

そんなわけでFOCUSというタイトルは、当時やはり流行していた写真雑誌の一冊「FOCUS」からの引用であるのは言うまでもないわけで、今はその役割はネットにとって代わられたわけで、月日の移ろいについ感慨深くなるのだった。

この曲もドラム音がとても好き。
テンポを上げればF.O.E.!


[最近のTV音楽番組]
それにしても「みゅーじん」。
capsule~平原綾香~三村奈々恵と興味深いアーティストばかり出演するのでとても気になる番組のひとつになっている。やはり音楽を作り出す女性たちは魅力があるというところか。

あとは「Music Lovers」。
ここのところ平原綾香~一青窈と連続放送。
この番組だけは毎週録画セットしている。
興味がなければその週は削除すればいい話。
あとから気がついて後悔するよりずっと健康にいい。

金曜日に放送された「僕らの音楽」一青窈特集もよかった。
一青窈×斉藤由貴による「卒業」には感極まった。

そんなわけで、今まだTV番組をほとんど見なかった反動が来ているようだ。もっとも音楽番組だけなのだが。ブルーレイ大活躍中。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/52-d89729e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。