音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/07/23 [Wed] 23:10:42 » E d i t
            CITY POPそにー         Light Mellow ソニー


夏の音楽第四回はやはりシティ・ポップですね。

シティ・ポップスとは、日本のポピュラー音楽のジャンルのひとつ。 都会的なムードのポップスを指す。ムード歌謡がよりポップで洋風になったものや、都会的な大人のポップスの総称である。

という定義があるのですが、実に曖昧だと思います。まずは音源を聴いてみることが先決です。

オススメのコンピレーションCDは二種類あります。
「CITY POP」シリーズ四種類と「Light Mellow」シリーズ五種類です。
両方ともレコード各社による共同企画なのでジャケットが共通しているのが嬉しい。収集癖を刺激してくれます。

選曲は前者が木村ユタカさん、後者が金澤寿和さんということで、それぞれのシティ・ポップス感の違いが表われていて実に面白いです。
例えば「CITY POP」シリーズのソニー盤で選曲されているのは

1. 君は天然色 / 大滝詠一
2. 想い出のサマー・ソング / 五十嵐浩晃
3. 冒険者たち / 楠瀬誠志郎
4. 中央フリーウェイ / ハイ・ファイ・セット
5. ウィンド・サーフィン / 桐ヶ谷仁
6. 渚に行こう / ブレッド&バター
7. オリーブの午后 / 大滝詠一
8. Travelin' Heart / 野田幹子
9. 夢で逢えたら / サーカス
10. ストップ・ザ・レイン / 佐藤博
11. 日付変更線 / 南佳孝
12. あなたから遠くへ / 渡辺満里奈
13. マジカル・コネクション / ピチカート・ファイヴ
14. YELLOW MAGIC CARNIVAL / マナ
15. 恋の手ほどき / 吉田美奈子
16. ジャスト・イン・ザ・レイン / ラジ
17. Tシャツに口紅 / ラッツ&スター
18. 涙のステップ / 須藤薫
19. Crying Angel / 杉真理

というところ。

片や「Light Mellow」シリーズのソニー盤には

1. バイブレイション(LOVE CELEBRATION)(笠井紀美子)
2. SOUTH ON 101(SHO[ ̄]GUN)
3. 入江にて(郷ひろみ feat. THE 24TH STREET BAND)
4. 蝶のように(渡辺真知子)
5. プールサイド(南佳孝)
6. 今日かぎり(五十嵐浩晃)
7. 悲しきクラクション(杉真理)
8. ミスター・ハッピネス(五輪真弓)
9. The Tokyo Taste(ラジ)
10. ドリーミング・ラブ(中原理恵)
11. Little Bit Easier(ケン田村)
12. 水色のワゴン(Hi-Fi SET)
13. MOONLIGHT WHISPER(南佳孝)
14. ONE ON ONE(You’re the one)(SHO[ ̄]GUN)
15. サラーム(久保田早紀)
16. ラスト・チャンス(ラジ)
17. フロントガラス越しに(須藤薫)
18. レディ・バイオレッタ(四人囃子)

が収録されています。

発売は前者が2003年11月27日、後者が2001年6月20日。
前者が比較的ボクの世代に近くて、後者はもうひとつ上の世代という印象をうけます。
いずれにしろどちらも夏の風景が似合う、そんな楽曲たちが集大成されています。

ボクはずっとテクノポップというかYMOを軸にした音楽ばかり聴いてきたので、実は真剣に聴き出したのが2000年に入ってからというところで、シティ・ポップスのなんたるかを語る資格はないのですが、こういうジャンルの音楽があったということは知っておいて損はないと思います。どの曲もアーティストの知名度の高さに関係なく良質なものばかりですから。
何年か周期で確実にやってくるAOR音楽ブーム。
でもブームとは関係なく定番になっているんですよね、これらシティ・ポップスって。

今夜は「CITY POP」シリーズにしてみようっと。
つまらない夜だから。明日はもっとつまらないけれど。

▼よろしければ「CDレビュー」、「音楽ブログ」、そして拍手のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
夏の音楽シリーズで、聴きたい欲がさらに増しています~。このコンピもバラエティに富んだ選曲で、いいですね。
毎日これだけ暑いと、気分だけでも爽やかに過ごせたらと、音楽に頼りたくなりますね。

アマゾンで検索してみると、
「CITY POP」のWARNER MUSIC JAPAN editionには上田知華+KARYOBINのパープル・モンスーンが入っていますね。聴いてみたいな~。
当時、兄のレコードを拝借して聴いてました。
ストリングスをばっくに、『昨日よりステキになれるわ~♪』という歌詞が印象的です。

聴きたい!聴きたい!!週末はとりあえずレンタルCD探しかも(笑)
2008/07/24 Thu 19:17:30
URL | スケ #-[ 編集 ]
>夏の音楽シリーズで
スケさん

パープル・モンスーン。
当時CMソングにもなった彼女たちの代表曲で、クラシックとポップスとを類い稀なメロディ・センスで融合した曲、ということですね。

本当に素敵な曲ばかり収録されていて、一人一人のアーティストは特にファンでなくても、アルバムとして聴くととてもいい雰囲気なんですよね。名コンピレーションアルバムたるゆえんでしょうか。

ちなみにWARNER MUSIC JAPAN editionにはボクが好きだった飯島真理さんの楽曲も1曲収録されてました。とにかく爽やかな気分になれますね。「CITY POP」シリーズ。

週末はレンタル店に急ぎましょう!!
2008/07/24 Thu 23:31:45
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
私もとりあえず、レンタルショップに行かねば。
今年の夏は忙しいなあ、早く聴かないと夏が終わっちゃう。

時に爽やかに、そして時にはまったりとじっくりと
夏の暑さを味わえるような?いろんなタイプの音楽があるものですね、「夏の音楽」。

暑いの苦手だけど、たまには溶けてしまうくらいに夏を楽しむのもいいかも。
2008/07/25 Fri 00:06:49
URL | ユリ #-[ 編集 ]
>私もとりあえず
ユリさん

夏の音楽と言ってもたくさんあると思いませんか。
中には夏でなくてもいいのでは?という音楽もありますが、そこは未来派1983による音楽的生活において、夏に聴く音楽、ということで。多分そこが重要なんですよ。

夏はあっという間に過ぎ去っていきます。すぐ秋になっちゃいますから、夏の音楽は夏に聴いちゃいましょう。ユリさんにとっていい夏の思い出が出来ますように。

あとは環境音楽なんかもいいのですが…それはまた別の機会に。
2008/07/25 Fri 00:26:01
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/519-9e1ca15f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。