音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/04/17 [Thu] 21:57:00 » E d i t
もともとモノを捨てるということが苦手なんですが、時にはそれがいい方向に転がることがあります。

例えば録音したカセットテープ。
今はラジオはほとんど聴くことはないのですが、当時はよく録音したものでした。
坂本龍一のサウンドストリートは定番として、ライヴもの、好きなアーティストの特別番組など。

そういう過去録音したものが今手元に結構あるんです。
先日の大貫妙子スタジオライヴなんかもそのひとつ。
随分長い間聴いていなかったから音質はどうかな、と思っていたのですが、最近カセットを聴ける環境を整備して実際何年かぶりに聴いたのですが、あまり劣化していなかったです。

そんなわけで、このカセット音源をCD化してみました。

僕はパソコン、VAIOタワー型を使用しているのですが、このパソコンに何気なくそういうソフトが入っているんですね。さすがAVパソコンの名前は伊達じゃないですね。

カセットデッキをパソコンに繋いでクリック。何気なくデータ化スタートです。あまりの簡単さに今まで何故やらなかったのか不思議なほど。まあリアルタイムでのデータ化作業ですから時間はかかるのですが。

さらに全部パソコンに取りこんだ後は曲ごとにチャプターNOを入れるわけです。カセットだと頭だしに時間がかかりますが、これでいつでも好きな曲の頭だしが出来るというわけです。
「ピーターラビットとわたし」やら「色彩都市」なんかがすぐ聴ける喜び。

あとは生CDをセットして焼くだけ。

あっという間に大貫スタジオライヴがCDでいつでも聴ける状態になるわけです。
市販されていないというのがなんとも貴重。
また大切な宝物が増えました。
もちろんオリジナルカセットも捨てはしませんけれど。

そんなわけで次は何をCD化しようかな。

とりあえず坂本龍一のサウンドストリートは一番最後にしよう。
たくさんあるから。
まずは自分がいくつか残していたFMライヴかな。
坂本龍一、YMO、矢野顕子、大貫妙子、高橋幸宏、JAPAN、飯島真理等など…。

当時もっと残しておけばよかったと思いつつも、こうして残っているだけでもよしとしないとね。
スポンサーサイト
音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/5-0b6eb113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。