音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/06/29 [Sun] 21:10:23 » E d i t
SOFTROCK DRIVIN'シリーズは1996年に土龍団の監修によって編まれたシリーズの名称です。アルファ篇、キング篇、ポリドール、マーキュリー篇、コロムビア篇、東芝篇が当時リリースされましたが、短期間で廃盤ということになってしまい、ネットオークションで高値取引されることになりました。

僕も残念ながら発売当時はそれほど興味がなかったため、購入しそこねたシリーズで、中古CDショップを巡るたびにこのシリーズを探しているのです。残念ながら一度も見たことがないですが。

2005年にコロムビア篇がタイトルを変えてリリース、2006年にはアルファ篇が曲構成を変更して再リリース。同時にビクター篇、ソニー篇が新規にリリースされています。
さらに2007年にはポリドール、マーキュリー篇が1,300円という廉価でリリース。今回中古ではありませんでしたがこの価格なら新品でもお買い得、ということで購入しました。

さて本シリーズですが、そもそもソフトロックというものは、1960年代後半~1970年代前半にかけて製作された、スタジオレコーディングに重点を置き、美しいメロディやコーラスを持つポピュラー音楽のジャンル、ということなんですが、それに影響され昭和40年代に日本で制作された和製ボサノヴァ、和製ソフトロックを集大成したシリーズということです。

1. スノー・ドルフィン・サンバ/ ユキとヒデ
2. 眠りたいのさ/ マイク真木と前田美波里
3. ストリート・サンバ/ アストラッド・ジルベルト
4. どんなふうに/ 岡田恭子
5. 恋のスノー・ドルフィン/ ユキとヒデ
6. 白い波/ ユキとヒデ
7. 長い夜/ ユキとヒデ
8. 美しい星/ 森山良子
9. ピディーの唄~ピディーのマーチ/ 加藤みどり
10. 風の子ジョニー/ きもといづみ
11. 黒ゆりの詩/ ザ・スパイダース
12. ドアをあけて/ ザ・リリーズ
13. 頬つたう涙/ ザ・リリーズ
14. 幸せの朝/ ザ・リリーズ
15. フェニックス(不死鳥)/ ザ・ジャガーズ
16. わるいくせ/ 安井かずみ
17. 赤い鳥逃げた?/ 安田南
18. 赤い砂漠へ行かないか/ ピコ
19. 憧れは翼に乗って/ 森山良子
20. きのうの涙/ 西田佐知子
21. お前/ 深町純
22. I LOVE YOU/ ピコ
23. 世界は僕の両手に/ ザ・テンプターズ
24. なんでこんなに/ 堺正章とザ・スパイダース
25. 空には名前がない/ マイク真木と前田美波里

ユキとヒデ、ピコ、西田佐知子の作品は最高です。
昭和40年代の歌謡曲のイメージが覆されてしまうことは間違いありません。

考えてみれば今僕たちがよく知っているこの時期の日本の音楽というのは回顧番組で紹介されるいわゆるヒットチャートを賑わした作品ばかりです。

でも実はもっと多彩で幅広く豊かな音楽作品群が残されているのですが、情報がないためにそれらは知られる機会がなかなかないわけです。

コンピレーションという形で忘れ去られていく音源を紹介している土龍団の活動は素晴らしいと思います。
あとは紹介された僕たちがどうその音楽を解釈するか、ということなんでしょう。
いや音楽じゃなくて、音楽を通じてその時代を理解することが出来るのか、ということでしょう。

今「死語コレクション」という新書を読んでいるのですが、歴史の中に消えていく言葉と同じように、時代とともに生きた音楽も時代と共に死んでいく事が多いわけです。

でもなんだかもったいないような気がします。せっかく生まれてきたものなのにその一時期だけにしか存在しないなんて。生まれてきた以上はどんなものにも意味があると僕は信じていますから。ちょっと甘いかもしれませんけれど。

そんなわけでますます目を離せない土龍団とその一派の活動ですね。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 6  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
またまたステキなCDの紹介ですね〜。
もしも、ブログ中にオンラインショップがリンクしてあったら、ポチっとクリックしてしまいそうです(笑)
よく知らない名前もあったりしますが・・・
まぁ、生まれているか生まれていないかという頃のことですから、当たり前ですけどね。
2008/06/29 Sun 22:01:24
URL | スケ #-[ 編集 ]
>またまたステキな
スケさん

I LOVE YOU/ ピコ は最高にいいです。彼のデビューアルバムは小西康陽さんも絶賛してますしね。

コアなソフトロックファンはかなり楽しめると思います。土龍団の関わっている喫茶ロックシリーズ、LOVE SOUNDS STYLEシリーズ、TV AGEシリーズ等などからは目が離せませんよ、こういうコンピレーションアルバムからは。
2008/06/29 Sun 22:59:46
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
せっかく素晴らしいものがあっても、それと出会う手立てがないままに終わるのは
一番残念なことですよね。そうした意味では未来派さんも土龍さんと同じく、
出会いを待っている未知のモノ、過去のモノと私たちをつないでくれる素敵なフィクサーですよ。

それにしても昔の音楽って、すごく大人っぽかったような。
歌ってる人たちも「大人」なイメージでしたけど
今では自分の方が年齢的には上回っているのですよね、なんか不思議。
2008/06/30 Mon 11:38:45
URL | ユリ #-[ 編集 ]
>せっかく素晴らしいものがあっても
ユリさん

そうかー、そう考えるとこのブログで自分が知っている何か、それはCDであったり本であったりするわけですけれど、を書いているということにも意味があるわけですね。

時々、こんなものを書いていて何の意味があるのだろう、誰か読んでいてくれるのだろうか、などということを思うことがあるのですが、なんとなくホッとしました。ありがとう、ユリさん。

自分が知っている様々な出来事を自分だけのものにしておくのは惜しいですから、これからも書いていきますね。コマメに読んでくれると嬉しいです。

昔の音楽というか、当時、音楽を作っている人たちが聴き手側に媚びていなかったということじゃないでしょうか。逆に聴き手側は背伸びしないといけなかった、ということでしょう、きっと。
だとしたら、媚びていない音楽を過去や今の音楽から見つけ出さないといけないってことでもあるわけです。聴き手もしっかりしないと、ね。
自分が聴きたいものは何か、時々考えてみるのもいいかもしれませんね。
2008/06/30 Mon 21:35:43
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
今日、ピコのI LOVE YOU試聴しました。
土龍団のコンピレーション、ちょっと集めたくなりました。
とりあえずは身内の中古店に声をかけてみます。

聴き手に媚びない音楽!
そう、昔のものでも今のものでも、ちょっと背伸びしても聴きたくなる音楽。そういうものが聴きたいのかも。
本当は「聴きたきゃ聴けば」というスタンスで作りたいミュージシャンが多いのでしょうけど、売れなければ次が作れないという、実情はあるのでしょうね。

未来派さんのレビュー、聴きなれた曲に新たな発見があったり、いつも刺激をいただいています。
ありがとうございます(ぺこり)
2008/06/30 Mon 22:54:58
URL | スケ #0DW/rr8Y[ 編集 ]
>今日、ピコのI LOVE YOU
スケさん

いいなー、身内の中古屋さんって。

ピコのI LOVE YOU、イントロのハミングがいいですね。
1972年発売ですがなんとも若い音楽という雰囲気をかもし出していて好感が持てます。だって土着的な暗さが皆無なんです。素晴らしいですよね、それって。育ちがいいって気がします。

さてピコこと樋口康雄さんの最新アルバムはCM音楽集です。これはもう速攻で購入しました。出来がまた素晴らしくて愛聴盤です。

しかしここまで聴く音楽に節操がなくていいのだろうか。まあヒットチャートを追いかけているわけでなくて自分の感覚を信じて聴いているんだからまあいいか。

自分が好きな音楽を作って売れたら一番ですけれどそうもいかないのが音楽の面白いところ。聴き手側の我々はそんな音楽を探して聴くくらいしか出来ないですね。
過去音源の発掘も楽しいです。ピコなんかもそうですね。これはソフトロック発掘していたら出てきた音楽だったりします。楽しいなあ、発掘音楽。

明日は何聴こうかな。毎日聴きたいものが増え続けて大変です。
2008/06/30 Mon 23:18:45
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/496-ddd99a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。