音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/06/22 [Sun] 22:00:24 » E d i t
6月21日(土)東京サントリーホールで神尾真由子さんのヴァイオリン・リサイタル2008が行われたので鑑賞に行ってきました。しかしよくチケットが取れたものです。あいにくの雨や携帯の調子悪さ、電波状態の悪さで気持ちがモヤモヤしていたのですが一気に吹き飛ばしてくれました。

さてファーストCDリリース後、初めてリサイタル。
観客の入りもほぼ満席(所々空いていたのはチケット購入したにもかかわらず来られなかった方々の席でしょう)でした。とても二十一歳とは思えない芸術家ぶりをみせてくれています。考えてみればパフュームの三人とほとんど違わないわけで、色んな表現方法があるんだなと改めて音楽表現の幅広さを実感させてくれました。

ロハン・デ・シルヴァさんのピアノと彼女のヴァイオリンというシンプルな構成でしたが、聴かせてくれました。緊張感溢れる演奏とはこういうことなんですね。何度か映像が頭の中に浮かび上がってきた演奏がありました。チャイコフスキーの「懐かしい土地の思い出より~メロディー」がそのひとつでした。子供の頃の体験した夏の懐かしいふるさとの風景が浮かんできました。
あとはちょうど読んでいた恩田陸の小説「蒲公英草紙」の影響もあるのかもしれませんけれど、自分の中にある記憶を刺激したということなんでしょう、きっと。

同時にサントリーホールの音響の素晴らしさを実感させられました。
演奏の音もよかったのですが、なにより静寂音が文字通り静寂なのです。
あまりに広い空間だと変なエコーがかかりがちなのですが、それが全くない。
音響設計が完璧に近いホールということなんでしょう。
ということは演奏家にとっても特別な場所ですね。
変な小細工が一切効かない場所というわけです。
実際実力がある演奏家しか登場しないのですが。

余談ですがドラマのだめでもこの場所で撮影したのかと思うと感慨深いものがありました。
時にはそういう異例な出来事があるわけです。

七時開演、休憩を挟んで九時には終わるかと思いましたが、アンコールを二度行って二時間以上の演奏時間。とても優雅な時間を過ごしました。

さて問題はサイン会です。
例によって参加したのですが、列が全く千切れない。話によると700人ほどが並んだということです。
700枚近くのCDがたった一度の演奏会で売れてしまうということは新人とは思えないですよね。あれだけの演奏後にも関わらずサイン会…。なんというかそんなにサーヴィスしなくてもいいのにと思ったり。それが神尾さんの若さ、ということなんでしょう、きっと。

年齢的にはクラシック界のアイドル的存在でしょうけれど、演奏は力強く激しさに溢れたものですし、これからの成長がとても楽しみです。なにしろまだ二十一歳ですから。

今、BS-Jで神尾さんのリサイタルが放送されています。
以前放送された再放送ですが、昨夜に引き続き今夜も堪能できるとは全く素晴らしいものです。
昨夜は音を今夜は映像を楽しもう。

そんなわけで全面的に応援していきます、神尾さん。

このサントリーホールリサイタル、ご覧になった方はいらっしゃいますか?。
ぜひ感想聞いてみたいものです。

▼よろしければ「音楽ブログ」、「CDレビュー」、そして拍手のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
ワルツ・スケルツォ
私も昨日神尾さん聴きに行ってました。
あの力強い演奏にすっかり参ってしまい、只今余韻に浸っているところです。特にアンコールの2曲目チャイコフスキーの「ワルツ・スケルツォ」は素晴らしかった、と余韻に浸っていたらBS-Jでもやっていてタイムリーでした。
サントリーホールはほんとうに音がいいですよね。オーケストラバックの神尾さんの演奏などもサントリーホールで聴いてみたくなりました。
サイン会では私はパンフレットにサインをしていただきましたが、目を合わせて笑顔を返してくださいました。
この感動を誰かと共有したかったのですが、まさか未来派さんのブログに書かれているとは…。嬉しい偶然ですね。
2008/06/22 Sun 23:30:57
URL | りん #-[ 編集 ]
>ワルツ・スケルツォ
サントリーホール行かれましたか!!。
なんとも嬉しいですね。本当に音響がよくてびっくりしました。オーケストラの音も聴いてみたいものですね。

アンコール二曲目「ワルツ・スケルツォ」はいい余韻を残してくれましたね、確かに。僕はアンコール一曲目の「メロディ」がよかったんですが、デビューCDにどちらも収録されていますもんね。その上、昨日のBS-Jでも両方放送されたのでよかったですしね。

それにしてもすごい行列でした、サイン会。あんな長蛇の列、見たことがないですね。これはますます人気出そう。紅白に出たら面白いですね。パフュームもおそらく今年は初出演するでしょうし。

そんなわけでしばらく彼女のファーストCD聴くことになりそうです。通勤もかな、きっと。
2008/06/24 Tue 00:00:30
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/487-7572ad78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。