音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/06/10 [Tue] 21:58:15 » E d i t
おそらく高橋幸宏のアルバムの中でもっとも好きなアルバムである「WHAT,ME WORRY?」。

このアルバムの魅力を一言で言い切ってしまうことはとても難しい。
多分それは僕の記憶とアルバムの魅力が一体になってしまっているから。
このアルバムを語るということは僕自身の記憶を語るということに他ならないから。
残念ながら今の僕にはそれが出来ない。

言葉があれば。

いつか自分の言葉でこのアルバムの全てを語ることが出来るだろうか。
全て語る…それも少し違う気がする。
魅力を断片的に語ることで全体像が見えてくる、ということだろう。

どの曲も好きな曲ばかりだが、今日は「SAYONARA」を。

「WHAT,ME WORRY?」の中で一番好きな曲は
坂本龍一作曲の「フラッシュバック」なのだが、
今日の気分は「SAYONARA」に近い。

ある夏の日。

太陽が照りつける明るい場所で、
二人の男女がそれぞれの道を歩み始める。
蝉の鳴き声が聞こえる場所で。

ちぎれるほど手をふる君さえ僕には見えない。
あまりに眩しすぎて。

その眩しさが悲しさを切なさに変える。

そんな別れは体験したことはないけれどとても切ない。

多分、この二人は憎しみあって別れたわけではないのだ。
好き嫌いという単純な理由ではなく、とても複雑な事情での別れ。

多分、これは大人にしか分からない別れ。
ただし「大人」といっても単純に年齢を重ねている人、という意味ではないのだ。

そんな「SAYONARA」。

僕たちはこれからどれほどの「SAYONARA」を重ねるのだろうか。僕には分からない、分からない。

▼よろしければ「音楽ブログ」、「CDレビュー」、そして拍手のクリックをどうぞ。
現在[音楽ブログ39位/7,888サイト] [CDレビュー1位/640サイト]
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/476-2462e93c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。