音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/06/09 [Mon] 22:52:02 » E d i t
高橋幸宏のアルバム「ニウロマンティック」。
彼の傑作アルバムの一枚であることは間違いない。

何度も聴いた「ニウロマンティック」。
1曲を選べと言われたら間違いなくこの曲「カーテン」を選ぶ。

高橋幸宏がソロアルバムで取り上げる坂本龍一提供の楽曲は何故か僕の心に残るものが多い。
「フラッシュバックしかり「スクール・オブ・ソート」しかり。あるいは菅野よう子の楽曲が坂本真綾に、ヒッチコック映画はバーナード・ハーマン音楽と相性がいいように。必ずしもその蜜月時期は長く続かないとしても、ある時期他を圧倒してしまうエネルギーが生まれる時があり、多分80年代初頭というのはこの二人の相性が最高潮だったのだろう。

そんな珠玉の1曲、「カーテン」、である。

この曲は僕が大好きなアルバム「未来派野郎」にかなり近い構造を持っているのではないか。

「未来派野郎」と同じく曲の中で音がデザインされているという印象を受ける。
モンドリアンの絵画のようにパーツパーツが組み込まれて全体を形成しているような、そんなアラベスクのような音。
このアルバム全体においてもそんなイメージがあるのだが、この曲は特にその傾向が強い。

池澤夏樹作品「帰ってきた男」で描いているアラベスク作品に音を与えることが出来るとするならば、もしかしたら「カーテン」のような作品になるのかもしれない。

とにかく一つ一つの音色が好みである。
さらに後半になるにしたがってメロディーが退廃的になるのがまたいい。

いつまでも繰り返し聴き続けていきたい、そんな1曲である。

▼よろしかったら「音楽ブログ」、「CDレビュー」、そして拍手のクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
遅レス失礼します
ここのブログでは「はじめまして」です。

タイトルを見て、一か月以上前にもかかわらず、ついコメントせずにいられませんでした。

5月に某動画サイトでこの曲を聴いていてもたってもいられなくなり、「ニウロマンティック」を走って買いに行きました。
あんなにドキドキしながら何かを買いに走ったのは数年振りでした。(でも店頭になくて、その日のうちに聞けないとわかった時の落胆も相当なものでした・・・)

で、この曲ばっかり聴いてます。

教授本人のアルバムにないロマンティックさ・甘さがたまらないです。
2008/07/09 Wed 13:42:59
URL | 丁稚女 #-[ 編集 ]
>遅レス失礼します
丁稚女さん

いいですね、その感覚。
聴きたくて聴きたくていてもたっていられない…。
それが「カーテン」だというのがまたいいですね。

どうして幸宏さんが教授の曲を取り上げると名曲になり、しかもロマンティックになるのでしょう。これはもう彼が持つキャラクターだとしかいいようがないですね。

いずれこれからよろしくお願いしますね。
走って読みたくなるような、そんなブログでありたいものです。
2008/07/09 Wed 20:58:09
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/475-14faefbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。