音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
[MUSIC-005]鈴木祥子/SWALLOW 
2008/06/04 [Wed] 22:18:28 » E d i t

「ねえ寂しいの」と
居眠りする横顔につぶやく
バスの終点から乗り継いでく
時刻表たどりながら

~SWALLOW

この曲を歌っている鈴木祥子さんは好きな声質の音楽家の一人です。
坂本真綾さん、飯島真理さんなんかの高音が青空に抜けるような声質路線と、
土岐麻子さん、遊佐未森さん、鈴木祥子さんあたりの個性ある声質路線は、共に僕の琴線を揺さぶりますね。逆にソウルフルな感じの声質は苦手かも。聴いてて熱くて。大貫妙子さんはまだ別の路線ですね。

この曲が収録されているアルバム「水の冠」は大好きなアルバムのひとつです。一番最初に聴いた鈴木祥子アルバムだったし、収録されているどの曲も好きなものばかりでした。そんなわけで今日忙しかったので落ち着きたくて聴いているところです。

1989年当時の僕はといえば遊佐未森、高野寛、フェビアン、ピチカートファイヴなどをのPOP INDS系音楽を好んで聴いていました。いわゆるニューアコースティック路線とでも言うべき音楽群ですね。YMOなき後模索していたんだなあと。1990年に入るとハウスやテクノ、アンビエントなんかが台頭してくるわけですが、それに備えた準備期間だったように思います。この時期は優しい音楽ばかり聴いてたかもしれませんね。懐かしい。

そういえばこの当時、彼女のインストアライヴを観ましたね。ピアノ弾き語りでした。
途中「あなたは今恋していますか」と語りだしたので、本当にそういう路線の人なんだなあ、と妙に感動した覚えがあります。何しろYMOやテクノポップばかり聴いてた人ですからね。
そんな二十年前の思い出でした。

しかし鈴木祥子さんって皆さん知っているのかな?

鈴木祥子SWALLOWライヴ映像はこちら

よろしかったら「CDレビュー」クリックお願いします。
▼おかげさまでランキングベスト1になりました。ありがとうございます。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
「水の冠」と聞いて飛んできました。
鈴木祥子の中では私は最高傑作だと思っています。
「電波塔」と「ムーンダンスダイナーで」の2大バラードが好きでした。
彼女の声質もあってか「しっとり」が似合うアーティストですよね。
路線変更してから聞かなくなりましたが・・。
2008/06/05 Thu 01:46:43
URL | reryo #-[ 編集 ]
〉「水の冠」と
僕もそう思います。このアルバム傑作ですよね。どちらかというと前半三曲がいいですね。

傑作アルバム…。遊佐未森といえばハルモニオデオン、高野寛といえばCUEなんですね、僕の中では。あと似た傾向のアーティストといえば、上野洋子、プリファブスプラウトかな、洋楽ですけど。

鈴木さん、ワーナー以降は確かにちょっと傾向が違いますもんね。やはりエピック時期が一番かな。

そういや、サインありますよ、プロモCDにサインしてあるのが。やっぱり懐かしいや…。
2008/06/05 Thu 08:09:36
URL | 未来派 #qHwnlIB.[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/465-45387aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。