音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/05/26 [Mon] 21:57:27 » E d i t
本日は雨だったので帰りにふらりと某古本屋に。

新潮クレストブックス「ペンギンの憂鬱/アンドレイ・クルコフ」
「妖怪変化京極堂トリビュート/あさのあつこ、西尾維新他」
世界文学全集「楽園への道/バルガス=リョサ」を購入。
の三冊を購入。

ペンギンの憂鬱

「ペンギンの憂鬱/アンドレイ・クルコフ」は大好きな新潮クレストブックスの一冊。

恋人に去られた孤独なヴィクトルは、憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家。生活のために新聞の死亡記事を書く仕事を始めたが、そのうちまだ生きている大物政治家や財界人や軍人たちの「追悼記事」をあらかじめ書いておく仕事を頼まれ、やがてその大物たちが次々に死んでいく。舞台はソ連崩壊後の新生国家ウクライナの首都キエフ。ヴィクトルの身辺にも不穏な影がちらつく。そしてペンギンの運命は…。欧米各国で翻訳され絶大な賞賛と人気を得た、不条理で物語にみちた長編小説。

新潮クレストブックスは着々と書棚にそろってます。デザインが統一されているし、なにより並べた時にキレイな背表紙というのがいいですね。少々値段は高いのですが大好きなシリーズです。しかしこのシリーズの作品はどうやって選択するんでしょうね。一番のヒットは「朗読者」ですが、違う作者、違う国の作品を選択しているにも関わらずどこか共通したイメージがあるのはやはり優れた編集者がいるということなんでしょうね。

「妖怪変化京極堂トリビュート/あさのあつこ、西尾維新他」は京極夏彦のヒット作、京極堂シリーズをそれぞれの作家がそれぞれの持ち味を生かしてカバーしたものです。元々完成された作品のイメージをどこまで崩さず、なおかつ自分の作品として仕上げるというのは難しいと思います。特に京極夏彦ですからね。まずはゆっくり読んでみようと思います。

「楽園への道/バルガス=リョサ」は池澤夏樹個人編集世界文学全集中の一冊。

フローラ・トリスタン、「花と悲しみ」という美しい名をもつ一人の女性。彼女は、女性の独立が夢のまた夢だった19世紀半ばのヨーロッパで、結婚制度に疑問をもち、夫の手から逃れて自由を追い求めた。そしてやがて、虐げられた女性と労働者の連帯を求める闘いに、その短い生涯を捧げることとなる。ポール・ゴーギャン。彼もまた、自身の画のためにブルジョワの生活を捨て、ヨーロッパ的なるものを捨てて、芸術の再生を夢見つつ波瀾の生涯をたどる。貧困、孤独、病など、不運な風が吹き荒ぶ逆境の中、それぞれのユートピアの実現を信じて生き抜いた二人の偉大な先駆者を、リョサは力強い筆致で描ききる。

行間から熱い熱気が伝わってきます。池澤夏樹先生の著書には南の島を素材にした作品がかなりあるのですが、この本からもその作品と同じ熱さが伝わってきます。この夏、エキゾサウンドを聴きながら読んでみます。

皆さんは最近何か本を読んでいらっしゃいますか。
ぜひこっそりと読んでいる本、オススメ本を教えてくださいね。
まずは本を知らなければ読むこともままならないわけですから。

ちなみに購入した本の合計金額は1,500円でした。
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

書籍 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
世界文学全集…
私も読もうかな、これ。
全然進んでないのです、定価で、しかも一括注文大人買いしたというのに、なんとも。

サマセット・モームの「月と6ペンス」でも、ゴーギャンをモデルに書かれていますよね。
「人間の絆」とともに、若かりし頃読んだ大作といえばコレくらいで、それも母の影響だったっけ。
ここではゴーギャンはどのように描かれているのでしょうか。
解説すら読んでいませんでした、どうしよう。

それにしても。
月と6ペンス、花と悲しみ…、なんとうつくしい言葉たちだこと。
2008/05/27 Tue 15:23:25
URL | □■contemode■□ #-[ 編集 ]
>世界文学全集…
□■contemode■□さん

なかなか一気に読むって感じの全集ではないですからね。こちらも溜まってきたのでどうしようかと思っています。気分転換に新潮クレストブックスシリーズでも読もうかな。

大作といえば「百年の孤独」ですね。今にして思えばそれほどでもないのですが、初めて読んだ時には全然終わらなくてどうしようかと。新訳も読んだし、死ぬ時まで何度か読むことになるんだろうなあ、きっと。

美しい書名はついつい読みたくなりますね。僕は長野まゆみの「新世界」というタイトルが好きだったのですが、大阪の人間にとっては飲み屋街なんですもんね。同じ言葉なのにイメージが全然違うって面白いですね。
2008/05/27 Tue 21:00:23
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/455-669d4074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。