音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/03/09 [Sun] 23:08:00 » E d i t



金曜日深夜~昨日~今日と延々ビデオ製作をしているので、少々頭がクラクラしてきたので本日はフラフラと中古CDを購入しに出かけました。といっても遠出したわけではないのですが。

しかし久しぶりに天候がよくて気持ちが珍しく晴れ晴れとしました。
やはり雪国の生活は人の心を寂しくさせるものなのでしょうか。

そんなわけで
本日は
CD/上野洋子/自然現象
CD/エミリー・シモン/草木の如く
CD/石野卓球/TITLE#1
BOOK/福井晴敏/機動戦士ガンダムユニコーン?~?

全部で3,000円弱、というところです。
休日に使うお金としては安いものではないでしょうか。

エミリー・シモンはフランスのフレンチ・エレクトロ・ポップ界ではかなり有名な人で、映画「皇帝ペンギン」サウンドトラックを手がけているいわゆる才女です。

そして上野洋子さんもザバダックを経て、現在誰にも似ていない独自の音楽を作り出しています。

僕個人としてはフランスと日本と場所こそ違いますが、同じ方向性の音楽家だと思うわけです。
インスト、ボーカル、映画音楽、そしてなにより声質が似ているなんて出来すぎです。

今日購入した二枚はなんとなくジャケットもタイトルも内容も植物をキーワードにしているあたりが似ています。

上野さんが在籍していたザバダックは本当に好きなバンドでした。「飛行夢」「遠い音楽」「Live」「私は羊」「桜」は出来がよくザバダックのひとつのピーク作品群だったのではないかな。
「遠い音楽」は僕にとって彼らのベストです。このアルバムに収録されている上野曲は全て出来がいいです。

福井さんは「亡国のイージス」「終戦のローレライ」などで有名ですが「月に繭 地には果実」でガンダム小説を手がけて好評だったため、このガンダムユニコーンを手がけたということでしょう。

やはり小説家が描く宇宙世紀は単なるマニアが描く宇宙世紀の物語とは一味違います。ただしそれはどちらが優れている、ということではなくて、モノに対する視点が違うということですけれど。
今後の展開が楽しみです。うまく着地できるといいのですが。

そんなわけで、気分転換がよかったせいか、この週末でかなり捗りました。一本目はあと一週間しかないのでまずは安心ということろ。

やはり煮詰まったらむだづかい、ですね。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/44-955ce31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。