音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
[CD]大貫音楽と僕。 
2008/05/07 [Wed] 21:22:16 » E d i t
三月から大貫妙子のベストやらクリシェやら聴く毎日が続いています。

今日はセカンドアルバム「SUNSHOWER」を。
実は購入した当時(1977年発売ですが、実際に購入したのは十年以上後)より、聴いているのは間違いないわけで、めくり合わせの不思議さを実感しているところです。

それにしてもなぜ今、大貫音楽なのか…。
なんといってもNHKFMで放送されたスタジオライヴテープ発掘が一番影響しているのだろうけれど、それだけではないような気がします。

当時分からなかった男女間の葛藤がようやく理解できるようになってきた、ということなのかもしれません。
なにしろ大貫妙子といえば「ピーターラビットとわたし」「テディ・ベア」といったいわゆるカワイイ路線の音楽を作る人という認識でずっと聴いてきたわけです。あるいは声質やバック演奏といった音そのものをずっと聴いてきて、歌詞を意識していなかったのです。

それにしてもこの「SUNSHOWER」発売当時はまだ大貫さんも二十代。
よくこんな歌詞を作り出すことが出来た、と思います。
今の同世代よりずっと大人という印象を受けます。
という自分も今頃になってようやく理解できるようになってきたわけですが。

そんなわけで現在、大貫紙ジャケを収集中。
ファーストとセカンドは購入済なのであとはRVC時代のものを。
大貫音楽堪能はこれからですね。楽しみ。

それにしても大貫的な音楽家ってなかなかいませんね。
あの個性的なはずの矢野系統のアーティストは案外いるというのに。
それだけ独自の世界を持っているのでしよう。
マネできそうで出来ない、音世界の住人。

皆さんもぜひぜひ大貫音楽をお試しください。

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
私はまだ若い?というか今よりも幼い頃からわりと歌詞重視派で、音楽は、歌詞、メロディ、歌声、音などのマリアージュみたいなもんだと思ってきました。
それでも、同じ曲を聴いていてもいまだにはっと気付かされることは多く、今まで何を分かっていたつもりだったのかなあ、などとよく思います。そういう意味だったのか…なんてね。
そしてそのたびに未来派さんと同様、その音楽家の若くして優れた感覚に驚き、嫉妬まで感じてしまったりします。
大貫さんは素敵な大人ですね。
でもきっと大貫さんの中では、今はもっと大人になっているのでしょうから、彼女なりに若かりしころの曲は恥ずかしかったりするのかなあ、などと考えるもまた楽し。

ちなみに、どんな歌詞に「よくこんな歌詞を作り出すことが出来た」と感じられるのですか?教えてください。
2008/05/08 Thu 10:47:42
URL | □■contemode■□ #-[ 編集 ]
>私はまだ若い
三月に「横顔」という曲の歌詞が初めて分かった!という瞬間があったのですが、その瞬間どこをどう分かったのかということを話すのは難しいですね。

一フレーズや、ひとつの言葉を理解したということではなくて、ある瞬間、歌詞全体を理解出来たんですね。もともとあまり歌詞を重要視していない僕にとってこれはすごいことです。

「SUNSHOWER」ではやはり「都会」の歌詞です。
少し大人になった女性が、客観的に自分自身を見つめている感じがいいと思うのですが。似たような状況を歌う音楽家はいるでしょうけれど、周囲のみならず自分自身すら突き放しているような感覚を持っている音楽家はなかなかいないんじゃないでしょうか。

□■contemode■□さんも素敵な大人なんでしょう、きっと。同じ曲を聴いてもその時々で感じ方が違うようですから。
2008/05/08 Thu 20:50:14
URL | 未来派1983 #x9/xA2t2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/438-efbcd15b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。