音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/04/08 [Tue] 23:43:00 » E d i t
「花冷え」。

桜が咲き暖かな陽気にうかれていると、思いがけなく気温が下がって驚くことがある。こんな寒さを花冷えとよぶ。どの地方にも見られる現象だが、特に京都の花冷えは有名。~小学館・日本の歳時記より
今日の長い一日はこうして始まりました。

前者は1981年、後者は1983年発売の名盤だが、僕はこの両方のアルバムを1983年3月、5月に購入した。YMOのアルバムは購入していたもののソロアルバムはなかなか手が出なかったのだ。1982年に「WHAT,ME WORRY?」「フィルハーモニー」を購入するまでの話だけれど。

今にして思えば本格的に自分でアルバムを購入し始めた最初期の出来事なのだ。この時期に購入したアルバムには一枚一枚思い出がある。購入した店、その時の空気感、そして少しだけ懐かしい記憶の数々。僕は音楽を聴くたびにそんなエピソードを思い出す。まさに音楽による時間旅行。僕の心の中を自由に飛び回る記憶の旅。

そんなわけで花冷えの朝でした。

少しずつ少しずつ人間関係と環境と仕事に慣れていく自分がいます。それは僕にとって並大抵のことではないけれど、今までと同じ仕事をして、日々をただ慣れだけで過ごしていくより、ずっと成長出来そうな気がします。いい悪いは別にして。

仕事に慣れたら、次は自分の勉強を再開しないと。
せっかく遠距離通勤が始まったんだから。

それにしても「ニウロマンティック」いい音してる。
YMOの「BGM」から幸宏さんのニュアンスだけを抽出して叙情的な歌詞をつけたサウンド。やっぱり通勤中にもかかわらず聴き入ってしまいます。おかげで多少の渋滞(前を走る自動車の速度が遅すぎたので)も音楽を聴く時間が増えた、と思えたくらい。

結局、自分の意識でいくらでも状況は変わる、ということなんでしょう、きっと。また明日から頑張らないと。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harmoniodeon83.blog39.fc2.com/tb.php/14-ff2e5b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。