音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/02/08 [Sun] 21:41:53 » E d i t
i-pod朝の1曲目はわらべの「春風の郵便屋さん」でした。

この曲はあの大ヒットした「めだかの兄弟」のB面に収録された楽曲です。
もちろんA、B面ともに坂本龍一の編曲ですが、
個人的にはこちらの楽曲の方が好きだったなあ。
特に間奏の坂本プロフェット琴の音がものすごく好きなんです。
聴いたことがない人は機会があれば聴いてみてほしいなあ。
いつもの坂本音色が堪能できます。

そういえば当時、欽どこに坂本さんがゲスト出演したんですよね。
ものすごく違和感があったというか、不思議な空間だなあ。
それだけ存在感があったいうことなんでしょうね、萩本空間での坂本龍一が。

それにしてもこの曲を聴くと春を思い出します。
もう暦の上では春。また1年が始まりますね…。
今年はどんな春になるんだろう。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。