音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»05
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/02/05 [Thu] 23:37:57 » E d i t
たまたま音楽の聴き方について話題になったんですが、ボクの聴き方とは全く違っていたので面白かったです。

まず音質はどうでもいい、まあこれは仕方ないとしましょう。
オーディオマニアではない一般の方ですから。
確かに音質についてはキリがないですから、追求し始めると。

問題は音楽に対する姿勢についてです。
音楽を音楽として聴くことはなくて、
あくまでカラオケのための素材にしか過ぎないというわけなんです。
極端な話、携帯の着メロでもまったく問題ないということなのです。

いい悪いは個人の問題なので特にコメントはしませんが、人によって音楽に対する捉え方って違うんだなあとつくづく考えてしまいました。
ボクは音楽に常に救われてきたし、音楽がない生活というものは全く想像もつかないわけなんだけれど、世の中には別に音楽なんかなくていいという人もたくさんいるということなんですね。ちょっとショックでした。それならCDなんか購入する必要なんかないです、だって別に人生において重要なことではないわけですから。

もっともボクも興味がないことには全く関心というものがないわけです。
例えばスポーツ。しないし、観ませんもんね。
その他にも食にも興味がないですもんね。
音楽に対する姿勢も、それらに対するボクの姿勢と同じことなのかもしれません。

今回、ますます自分にとって音楽というものがいかに重要で大切なものなのかが分かったような気がします。身銭を切って選挙の投票のような感覚でCDを購入して、充分楽しむ。もしかしたらそのうちの何枚かは一生聴く音楽になるかもしれない…。
そんなずっと変わっていない気分でこれからも音楽を楽しんでいこうと思います。
こんな楽しいこと、別に理解してもらわなくていいし。
逆に教えたくないですね、ボクの音楽の楽しみ方を。

自分にとって当たり前のことが実は他人にとっては想像もつかないことなのかもしれない、
そんなことを考えた音楽にまつわる話題でした。
スポンサーサイト

テーマ:今日書いておきたいこと - ジャンル:日記

雑談 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。