音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»05
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/02/03 [Tue] 23:47:51 » E d i t
カフェ・アプレミディやフリー・ソウルなどのオムニバスCDをこまめに購入もしくは聴いている人にとって優れた解説本になっています。ガイドブックほしかったんですね、実は。アルバムの曲紹介はもちろんのこと、当時の状況や橋本さんの日常が垣間見られるところがいいですね。
音楽誌は購入しなくてもいいですからこの本を一冊手元に置くだけでなんとなくいい音楽生活を送っているような気になります。いや、送っているのですけれど。

ただし、この本で紹介しているのはほんのごくわずか。
出来れば全シリーズの一枚一枚の曲について紹介して欲しかったですが、これも贅沢な希望なのかもしれません。

それにしても橋本さんの仕事ぶりには驚かされますね。
いい音楽なのに一般には知られることが少ない。
だから紹介するためにそういう場所を作った、ということなんでしょうね。
見習いたいものです。
実際に音楽を作っているわけではないのですが、音楽を紹介するという音楽的行為をしているということですね。マネしたくなります。とはいってもボクはここまで聴いていませんからとてもとても無理ですけれど。

読んでいたらますます橋本仕事追いかけたくなってきました。もっと追求してみようかな。
スポンサーサイト

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

書籍 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。