音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/01/26 [Mon] 22:00:25 » E d i t
i-pod朝の1曲目はの槇原敬之の「海と少年」でした。
言わずと知れた大貫妙子さんのカバーなんですが、ボクとしては矢野顕子さんのカバーヴァージョンも好きですね。実は大貫さんのオリジナルを聴いたのは矢野カバーを聴いた後。大貫さんのヴァージョンは矢野ヴァージョンを聴きなれた耳には物足りなかったのですが、最近、大貫ヴァージョンもいいなあと思ったりしてます。

さて槇原さんのヴァージョンはといえば、悪くはないのですが、いわゆるバンドっぽさがあまりないんですね。それがちょっと残念でした。彼のヴァージョンが真夏の海だとしたら、大貫さんは夏の初め、そして矢野さんは夏の終わり、という雰囲気がしますね。真冬だというのに夏の話でもないでしょうけれど。

それにしてもいい曲ですね、「海と少年」。
実に洗練されているというか。土岐麻子さんが聴きたくなっちゃったなあ。

カバーアルバム「Listen To The Music」には、この曲以外にもY.M.O.の「君に胸キュン。」、ゴダイゴの「モンキーマジック」、矢野顕子「David」なども収録されています。中古店に廉価で置いてあることが多いので機会がありましたら。槇原ファンではないボクも楽しめるカバーアルバムです。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

未分類 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。