音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/01/07 [Wed] 23:49:05 » E d i t
dip in the poolのアルバムが出てきたので聴いてみました。
正確には出てきたというよりちょっとしたきっかけがあったので聴いてみた、ということなんですが。
自分の記憶の中にあった彼らの音楽とは全然違いましたね。ちょっとした嬉しい発見でした。

dip in the poolをご存知ない方にご紹介しますと

dip in the pool(ディップ・イン・ザ・プール)は、日本の音楽ユニットである。ファッションモデルとしてカリスマ的な人気のあったボーカルの甲田益也子とキーボードの木村達司によって1983年に結成され、1985年にメジャーデビューした。『Miracle Play 天使が降る夜』は丸井の1987年のクリスマスCMソングに起用され代表曲の一つとなる。『WONDER 8』発表以降は活動を休止、甲田はソロ活動に移る。

というところですね。
彼らの音楽を聴くきっかけを思い出してみると、中森明夫さんの「東京トンガリキッズ」の一篇で彼らの1曲が取り上げられていたことではなかったかなと思います。メンバーの1人、甲田益也子さんについてはあまり知らなかったのですが、声質がいい人だなあ、というのが印象深いです。

ちなみにアルバムを検索したところ
1 dip in the pool(1985年、Moon Records)
2 Silence(1986年、ラフ・トレード)
3 10 PALETTES(1988年、Moon Records)
4 Retinae(1989年、Moon Records)
5 Aurorae(1991年、Moon Records)
6 静かの海(1993年、EPIC/SONY)
7 KM93.11(1993年、EPIC/SONY)
8 7(1994年)
9 WONDER 8(1997年、grandisc)
でした。
ボクは1、4、5、6を持っていました。
しかも何故か「Retinae」に至っては2枚という状況。
どういうきっかけで2枚持っているんだろう、不思議。

当時はあまりdip in the poolの音楽のよさが分からなかったのですが、今はなんとなく分かるような義かします。音楽的に複雑な要素がたくさん詰まっていますし、この雰囲気は子供にはちょっと理解できないのではないかと。クレプスキュールやシャーデー、エヴリシング・バッド・ボーイズあたりの音楽が好きだった人には受け入れられると思います。たまに中古ショップの廉価棚にありますので、お茶一回分我慢して購入していただければいいんじゃないでしょうか。

そんなわけで榛野なな恵さんのコミック世界の住人のような甲田益也子さんの歌声を聴きながらオヤスミなさい。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。