音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2009/01/02 [Fri] 23:55:20 » E d i t
「ブリリアント・トゥリーズ」
「錬金術」
「ゴーン・トゥ・アース(ボーカル)」
「ゴーン・トゥ・アース(インストゥルメンタル)」
「シークレッツ・オブ・ザ・ビーハイヴ」
デヴィッド・シルヴィアン初期ソロアルバム5枚を集大成したCDボックスから、ファーストアルバム「ブリリアント・トゥリーズ」を聴きました。

このアルバムはデヴィッドのアルバムの中で一番好きなアルバムで、ブログ写真にも使っています。ジャケット、音、世界観とどれを取っても自分の好みの世界なんですね。
坂本龍一、ジョンハッセルという面々はもちろんですが、やはりホルガー・シューカイの参加がこのアルバムの内容を深くしていると思いますね。

基本的に夏に聴くアルバムというイメージがあったんですが、アルバム後半はこの時期聴くとかなりいい雰囲気になるというのを最近発見しました。ムードがいいというようなことではなく、冬の寒さが伝わってくるということなんですよね。ホルガー・シューカイの音が重要ですね。

デヴィッド・シルヴィアンのボーカルもいいんですが意外とインストもいいんですよ。
最近のアルバムはボーカルがなければ…と思うものも多かったり。
このボックスでもゴーン・トゥ・アースなんかはインストばかり聴いてますし。

ボックスは高額ですし好き嫌いが分かれるので、「ブリリアント・トゥリーズ」 をオススメします。

また今夜も聴こうかな、ウェザーボックスから一枚。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 2  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。