音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/12/03 [Wed] 23:50:32 » E d i t
出不精なボクですが今日は特別。
職場から約一時間強かけてジャズ喫茶「リラクシン」に行きました。
実はジャズ喫茶って行ったことがなかったりします。
イメージがあるじゃないですか、ジャズ聴く人には。
映画「スウィング・ガールズ」じゃないけれど、
安楽椅子に腰掛けてブランデーグラスを抱えながら、
ジャズに耳を傾ける、という雰囲気が。
で、薀蓄を語るというような感じ。
ボクはそういうの苦手だから。

でもそんなことはなかったですね。
女性客の方が多く、雰囲気も明るく、空気も淀んでなくて。
会場自体は狭かったけれど全く気になりませんでした。
むしろアーティストと近くて音楽を堪能できました。

今夜のゲストはジョエルさん。
実は以前ジャケットを見て素敵な雰囲気を持っている人だとは思っていたのですが、なんと秋田出身だということで親近感が。こういう偶然っていいですよね。特に自分に関係があるということではないんですが。

声質は伸びやかで高音が美しいタイプのいわゆるウィスパーボイス系でしょうか。
ボクの好きなタイプの声質ですね。ストレートな歌唱方法なのがまたよかったです。
彼女の歌声は暑苦しくなく、そう、北欧の雰囲気がするわけです。
最近、TVで北の国々の映像を鑑賞する機会が多かったので、なんとなくそんな国々から届いた音楽を楽しんでいるという気分に。
まさに冬の音楽。北の国から来た歌姫という感じですね。

曲は12月ということもあり、クリスマスソングが盛りだくさんでした。
毎年めざましクラシックでクリスマス音楽を堪能して年末というパターンが続いていたのですが、最近クリスマス時期から公演が外れたため、今回久しぶりにクリスマスソングが楽しめた、という気がしました。後半にはアメリカ人のお父さんがサンタに扮して、会場の観客にクッキーをプレゼント、という趣向もあり、ちょっとだけ早いクリスマス気分になれました。

休憩を挟んで約2時間。音楽というものの美しさを実感しました。
公演終了後、立ち寄ったコンビニ店で流れていた音楽と言葉がどれほど下世話で下品に聴こえたか…、このブログを読んでいる方々にぜひとも体験していただきたいものです。

そんなわけで少しだけ、美しいものに触れて気持ちいい時間を過ごすことができました。
こういう時間、時にはいいね。
ありがとう。ジョエルさん。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。