音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/10/28 [Tue] 21:47:26 » E d i t
今朝、珍しく夢を見たんですが、その夢に高嶋ちさ子さんが出たのでした。
その夢なんですが、アンコールに応えようと楽屋から出てきた高嶋さん。
でも、せっかく出てきているのに帰る人がいたので、そのことについてツッコミを入れている、という夢でした。やはり久しぶりのめざましクラシックの印象が強かったのかなあ。

日曜日、めざましクラシックに行ってきました。
そういえば今年行ったコンサートはすべてクラシック絡みです。

高嶋ちさ子+加羽沢美濃
小菅優
坂本龍一ロハスクラシック
神尾真由子
そしてめざましクラシック、と。
行く人にとってはあんまり行っていないように思えるでしょうけれど、
例年の自分から見たら今年はかなり出かけた方ですね。
皆さん、いい演奏で楽しませてもらいました。

今回のめざましクラシックスは6回目の参加。
こちらでは7回開催されています。これが曲者。
毎回高嶋さんが全部参加している人たちに挙手をさせているのですが、
いつも悔しい思いをしています。初回参加していたらなあ…。残念です。
それはいいとして、最近1年に2度は高嶋さんコンサート。
性格はあんまり好きじゃないはずなんですが、実は好きなのかなあ。

今回のゲストはサーカス。
サーカスといえば坂本編曲が印象深いですが、コーラスがやはり迫力がありました。
三十年間続けているのはさすがに伊達じゃないです。
彼らのコーラスに高嶋楽団の素晴らしい演奏…。
たまりませんでしたね。

毎年12月の雪が降るシーズンのめざましクラシックでしたが、
時には秋のめざましクラシックもいいものですね。
芸術の秋、美しい芸術に触れるのはいいことですね。

最近気分がダウンしていただけに芸術に触れるということも有効なのかもしれません。やはりボクは自分自身で自分の好きなものに触れたりして感じることを大切にしたいんだろうなあ、と思います。それが今の自分を自分らしく保つ、唯一の手段であり方法なんだろうなあ、と。

そんなわけで芸術の秋、大いに楽しみましょう。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。