音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/09/27 [Sat] 22:31:34 » E d i t
映画「ラブソングができるまで」をHDDVDで購入していたので鑑賞しました。

ここで少々余談を。
HDDVDという規格はあっという間に淘汰されてしまいましたが画質は全く問題ないんですね。基本的にハイヴィジョン画質の再現にはブルーレイでもHDDVDでも同じなのですが、結局のところ機器の市場シェアの問題でしかありません。ボクは当初からブルーレイ派でしたがHDDVDディスクが投売りされていたのでまとめて十数枚購入していました。この作品はその一枚です。

さて「ラブソングができるまで」ですが、ジャンル的にはラブコメディというところでしょうか。

一世を風靡した80年代は遠く去り、いまや、往年の“ギャル”たち相手にイベントを賑わせるしかない元ポップスターのアレックス。20年以上たった今も、彼の肩書きは、“解散した人気バンドPoPの元ボーカル”のまま、変化も進歩もいっさいなし。そんな時代に取り残された彼に、ついに返り咲きのチャンスが訪れた!若者に絶大な人気を誇るカリスマ歌姫コーラから、新曲を提供してほしいという依頼が舞い込んだのだ。とはいえ、彼の作曲の才能は長いあいだ放ったらかしにされたまま。しかも、作詞は大の苦手。

そんなとき彼のアパートに鉢植えの水やりに来ていたソフィーが口ずさんだフレーズが、アレックスのハートを直撃。彼女こそ、復活の救世主となるパートナー!? ラブソングなど書く気はないというソフィーの拒絶をよそに、80年代以降、止まったままだったアレックスのメロディーが再び動き出した!

というような物語。
話としてはありがちな話ではありますが、なんといってもその魅力は80年代の雰囲気を再現しているというところでしょうか。あの人は今、的な番組がテレビで放送されると当時人気絶頂だったアーティストが出演することがありますが、彼らの現在の姿を映像で見る時のあのなんともいえないもの悲しさを思い出す映画ですね。映画では再生を果たしていく主人公の姿が優しく描かれていくわけですが、現実は…。

さて海外の俳優であまり好きな人はいないのですが、この作品の主人公を演じているヒュー・グラントは唯一好きかもしれません。「フォー・ウェディング」「ラブ・アクチュアリー」「ノッティングヒルの恋人」等など、特に情けない男を演じさせたら絶品ですよね。この場合の情けない、というのは高橋幸宏音楽の歌詞に出てくるような男性像なわけですが。情けない男性に憧れちゃいますね。
なれたらいいんですが。

▼よろしければ「CDレビュー」、「音楽ブログ」、そして拍手のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

映画 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。