音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/09/01 [Mon] 22:14:08 » E d i t
              音楽図鑑
秋ですね。
まだ九月なんですがこちらは季節の変化が比較的早いのですぐ秋です。

ボクは一年で一番秋が好きなんです。
一日一日と涼しくなっていく様が特にいいです。
それにちょっとしたことで感傷的になれるじゃないですか。
そんなところが気に入っているところですね。

秋といえば坂本龍一のアルバム「音楽図鑑」。
このアルバムを聴くと秋の気分になれますね。
今から二十年以上前に聴いたアルバムなんですが、
いまだに古く感じないし、少しも飽きないというのは素晴らしい。

好きな曲は
「SELF PORTRAIT」
「旅の極北」
「A TRIBUTE N.J.P」
です。

「SELF PORTRAIT」はボクとしては「戦メリ」より好きなんですよね。
ピアノじゃなくて「音楽図鑑」ヴァージョンに限るんですが。
いつ聴いても秋の雰囲気を思い出します。

そもそもタイトルがいいです。
だって「SELF PORTRAIT」ですよ。ちょっといい感じじゃないですか。
「黄土高原」も「フィールドワーク」もタイトルがいいですが、
「SELF PORTRAIT」は特にいいです。
センスいいなあ。

そんなわけでこれからずっと聴いていくだろう、秋の一枚です。

話はそれますが坂本龍一さんたちが立ち上げたレコード会社MIDIにも秋を感じます。
ちなみに細野さんのノンスタンダードは冬、YENは春なんですね。

秋。
春は別れがあるから嫌いな季節なんですが、
秋でも時には別れがあるものなんですね。
でも秋は嫌いにはなれないなあ。
感傷的になってもそれを許してくれる雰囲気があるから。

そんな秋にしみじみと聴く「音楽図鑑」でした。

▼よろしければ「CDレビュー」、「音楽ブログ」、そして拍手のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。