音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
[雑談]中川翔子的な 
2008/08/10 [Sun] 23:40:06 » E d i t
今日は中川翔子さんのことについて。

「ミューザック」と「音楽戦士」という音楽番組をパフューム目当てにたまに見るのですが、先週続けて登場した中川翔子さんには本当に感激しました。もちろん存在も、マニア系アイドルということも知っていましたし、ブログもたまに見るくらいで、嫌いではなかったのですが、本格的に好きというまではいかなかったのです。でもこの二つの番組の影響でちょっと気持ちがまずいかも。

ポイントは二つ。

ひとつは特撮系に詳しいということ。
そもそもデビュー直後に宇宙船という特撮雑誌で連載していたということも特撮ファンとしてはポイントが高かったのですが、公共の電波で「戦隊シリーズのオーディション毎年受けてました」と宣言してしまうのが素晴らしい。キメポーズも完璧でしたし、オーディションを受けにいって、戦隊番組のオープニングで名前が出る人たちが勢ぞろいしていたので興奮した、というあたりがまた。夢が戦隊のピンク役。これが実現したらかなりすごいことになりそうですね。

もうひとつは松田聖子の音楽のこと。
松田聖子の楽曲ベスト3を発表していたのですが、
細野楽曲がベスト3に入っているんですね。
ちなみに「天国のキッス」「ピンクのモーツァルト」の二曲です。
さらにそれ以上にその二曲のBサイドが好きというのがまたいいですよね。
ちなみに「わがままな片思い」「硝子のプリズム」です。
しかも「細野さんの楽曲云々…」のコメント付きですから、公共の電波で。
中川さん素晴らしいですよ、ほんと。

マニアはマニア止まりだから批判される対象になりがちですが、マニアとしての生き方を追及することで自分の確固とした位置を見出している中川さんは本当に素晴らしいと思います。さらには、その場所にとどまらず、なにかを作り出す=表現しようとしているそのパワー、ものすごく見習いたいですね。

特撮と音楽ですよ、ボクのツボなわけです。
ファンになったらどうしよう、と言っている時点でもう…。

▼よろしければ「CDレビュー」、「音楽ブログ」、そして拍手のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:女性タレント - ジャンル:アイドル・芸能

TV *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。