音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/08/04 [Mon] 22:05:55 » E d i t
         pizzicato five I love you  pizzicato five we love you

久しぶりにピチカート・ファイヴのアルバムを購入したような気がする。
新品が半額で販売していたので二枚で2,300円というところ。
タイトルが似ているのであやうく片方だけ購入して満足するところだった。

「pizzicato five we love you」が平林伸一さんによる選曲のベストアルバム、
「pizzicato five I love you」が小西康陽さんによる選曲のベストアルバムで、
聴いた後、静と動という印象を残してくれる。
ベスト盤の場合、選曲というのは非常に重要なのだ。
もっとも曲もそうだが曲の順序というのも、それ以上に重要なのだけれど。

静のベスト盤である「pizzicato five I love you」は小西さんの内面が表現されているような歌詞が集大成されている。彼の歌詞は特徴があり、すぐに彼の歌詞だと分かる。歌詞だけ読んだ時に特にそれを感じる。彼のエッセイ集にもそれを感じる。変に重くなく、初夏の日曜。特に予定がない午前中。どこか甘い風のような、そんな風景が彼の言葉には感じられる。

ピチカート・ファイヴはなくなったけれど、そろそろまた新ピチカートサウンドが聴きたくなっている。
そろそろ第四期ピチカート音楽が聴きたいものなのだが。

▼よろしければ「CDレビュー」、「音楽ブログ」、そして拍手のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。