音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/07/19 [Sat] 22:55:36 » E d i t
時かけ
細田版時かけは若さに溢れた映画ですね。
しかしCM多すぎ。仕方ないか。
DVDも限定版、通常版と所有しているにもかかわらず観てしまうのはもはや…。
このあとブルーレイがすぐ発売するんだけど購入しちゃうんだろうな。

1965年の原作発表以来、幾度となく実写映像化されてきた筒井康隆原作の「時をかける少女」。今作は原作の映画化ではなく、原作の約20年後を舞台にした続編。アクティブで前向きな主人公が初夏の町を文字通り駆け抜けていく爽快な青春アニメ映画!高校2年生の紺野真琴は、踏切事故をきっかけに時間を跳躍する能力を得る。バラ色の日々と思われたが、クラスメートの千昭や功介との関係にも変化が…。


「未来で待ってる」
いい言葉だなあと思います。

過去じゃなくて未来。
未来は誰にでも等しく訪れます。

過去はもう取り戻すこともできないし、繰り返すことも出来ません。
だけど未来は、未来だけは自分自身で作り出すことが出来る。

未来って実は素晴らしい可能性に溢れたものなんです。
それは若い世代だけに限らず、ボクらにも訪れる時間。
もうこの瞬間瞬間が「未来」なのです。

そんなことを考えた今日の「時かけ」、でした。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

TV *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。