音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/06/16 [Mon] 22:12:04 » E d i t
今朝、alanちゃんの「明日への賛歌」を聴いて出勤したのですが、ちょっと重くて…。
思わず土岐麻子さんの音楽を聴いて和みながら引き続き出勤。
帰りも聴いたのですが今度はしっくりくるんですよね。不思議なものです。
音楽も聴くべき時間というか環境があるんだなあと。

そんなわけで今夜は「ザ・ドリフター」を3種類ほど聴き比べ。
ロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズの1968年版と2007年版、それから高野寛版です。
一番最初に聴いたのが高野寛版でしたので、この曲のイメージは実は高野寛だったりします。なのでいまだに好きなヴァージョンです。

どのヴァージョンもいいですが2007年SCOF版が好きですね。特にコーラスがいいです。
この曲は色々なアーティストがカバーしていますが、なんといって1968年のハーパーズ・ビザールのカバーが好き。コーラスが美しいです。

この時期のソフトロックものはどれを聴いてもいいですね。
時代がおおらかだったというか、音楽が音楽としてイキイキしていた時期だったんでしょうね、きっと。
でもこの時代に生きたかったかといえばそんなことはないですね。僕は何もなかった(と言われる)80年代に青春時代をむかえられてよかったと思っています。もっとも同世代に共感はよほどの限り持ちませんけれど。

話は戻りますが、SCOFのファーストは全然古く感じません。40年前ですよ、発表されたのは。
エバーグリーンなアルバムっていうことなんでしょうね、きっと。

今から40年後、どんな音楽を聴いているかな。
もうこの世界にはいないと思いますけれど。

▼よろしければ「音楽ブログ」、「CDレビュー」、そして拍手のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。