音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/06/07 [Sat] 22:13:34 » E d i t
今日は特になにも予定がなかったので中古店に。
新書「文士と姦通」があまりに読み応え(厚さや内容ではなくて僕に対する影響力の問題)があったので新書を物色。結構あるものですね。

文庫「妖怪文藝巻之弐 大特集響き交わす鬼/東雅夫・編」
文庫「情痴小説の研究/北上次郎」
新書「怪談の心理学/中村希明」
新書「現代の民話/松谷みよ子」
新書「評伝シャア・アズナブル上・下/皆川ゆか」

一見バラバラな印象をうけるかもしれませんが自分の中では共通しています。
鬼、情痴、怪談、民話、シャア…うーん共通していないものもあるかもしれませんね。

東雅夫さんのアンソロジー集は見つけ次第購入するようにしています。
なんといっても僕に幻想文学の魅力を教えてくれた人ですから。
久しぶりに東さんが編集長だった「幻想文学」誌を読んでみようかな。

情痴小説…
ひとことで言えばダメ男小説。
主人公の特徴は
①主体性に欠けること
②優柔不断であること
③反省癖があること
④自己弁護がうまいこと
⑤何事にも熱中しないこと
徳田秋声から渡辺淳一まで33の作品が紹介されています。
先日紹介した「文士と姦通」にも登場した
宇野浩二、島崎藤村、宇野千代をはじめ、中里恒子、壇一雄等など。
僕が大好きな立原正秋作品も紹介されてます。
美を愛する男女の恋…いいですね。

しかしよくもまあここまでダメな主人公たちばかり集めたものです。
感心しますね。
ケイタイ小説に対抗する「情痴小説」…。やっぱりダメですか。

そんなわけでますますオリジナルを読んでみたくなりました。
書店でもなかなかない人たちのものばかりですので図書館に出かけようかな。
図書館の有効活用ですね。

よろしかったら「CDレビュー」クリックお願いします。
▼現在ランキングベスト3あたりを彷徨ってますので。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:古本 - ジャンル:本・雑誌

書籍 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2008/06/07 [Sat] 21:33:26 » E d i t
九時からの「NHK 環境特別番組 SAVE THE FUTURE」まであと一日。

平原綾香さんについてもDVDファーストプロモビデオ集「DREAMOVIES」購入からですね。
ちなみにこのDVDには「JUPITER」をはじめ六本のビデオが収録されています。

多分初めてシアタールームを作るということもあり、音楽ソフトを収集していたのだと思います。
オーディオ機器は雑誌記事やカタログなどで少しずつ決定していたのですが、やはり機材だけ揃えてもソフトがなければどうしようもないわけです。オーディオ機器は豪華でもソフトはレンタルで済ます、では…。

そんなわけで一青窈さんしかり、平原綾香さんしかり聴くことになったということなんでしょう。
結果的には聴く音楽の幅が広がったのでよかったのかもしれません。

平原綾香さんの音楽のどこが好きなのか…。
次回まで考えておきます。

平原綾香/JUPITERプロモビデオはこちら

▼よろしかったら「CDレビュー」「音楽ブログ」クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 1  *  CM: 0  * top △ 
2008/06/07 [Sat] 14:57:22 » E d i t
明日「NHK 環境特別番組 SAVE THE FUTURE」に出演する一青窈さん。
さて、きっかけはなんだったのかな。

少なくても「ハナミズキ」ではないですね。
その時期は基本的に絶対聴かないタイプのアーティストでしたから。

一青窈音楽に触れるきっかけは多分中古DVDを購入したことだったと思います。
「一青窈LIVE TOUR2004」がそのディスク。
僕はDVDを購入するとレシートをケースに保管しておくのですが、
その日付を見ると2006年6月16日となっています。
こういう時にレシートなんかをはさんでおくと便利ですね。
日記は絶対書かないのにこういうことはコマメだったりします。

その頃、音楽DVD購入することに凝っていた時期。
でも自分が好きなアーティストのものは全部購入しているし、
衛星デジタル放送も鑑賞できる環境になかったですから。
購入するものが尽きていたんですね、きっと。

明日はおそらく「ハナミズキ」を歌うことでしょうが、
僕としては「大家/ダージャー」も聴きたいなあ。

楽しみだなあ、明日の放送。

大家(ダージャー) 一青窈プロモはこちら
▲それにしてもこの時期の彼女は(特に髪型)可愛いな。

▼よろしかったら「CDレビュー」「音楽ブログ」クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
2008/06/07 [Sat] 12:14:59 » E d i t
明日「NHK 環境特別番組 SAVE THE FUTURE」が放送されます。
僕が好きなアーティストが大挙出演するわけですが、
考えてみたらファンになったきっかけって覚えてないものですね。
そんなわけでちょっとファンになったきっかけのおさらいなどを。

元ちとせ。
確か、アルバム「ノマドソウル」を廉価で購入してからだと思います。
それから初めて購入したSACDとCDのハイヴリッド盤です。
今でもオーディオでボーカルチェックする時には使用するディスクです。
中古店で千円以下で紙ヴァージョンのものがあれば買いかな。
ジャケットもいい。LPサイズで欲しいですね。

彼女の声質に関しては好きと嫌いがはっきり分かれるでしょうね。
聴き手を選ぶアーティストというか。
僕もCDは聴くんですがライヴはちょっと厳しいかもしれないです。
よくBSで放送されるのですが聴いていて緊張させられるので。

どの曲も印象深いですが、なんといっても坂本龍一との「死んだ女の子」が一番好きですね。
明日も歌ってくれないかな。 この曲に限ってはCD版よりライヴ版が好きですね。

死んだ女の子 坂本龍一とのコラボ映像はこちら

▼よろしかったら「CDレビュー」「音楽ブログ」クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。