音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/05/28 [Wed] 22:12:18 » E d i t
4088641388_09_MZZZZZZZ.jpg

久しぶりに大好きな榛野なな恵さんのコミック「Papa told me」を読みました。
今日は11巻を。このあたりの絵が一番好きかもしれません。
今日「Papa told me」の最新刊を購入しました。27巻まで発売されていたのですが、連載されていたヤングユーが休刊になってしまったので、コーラスコミックとして巻数なしの発売です。通巻28巻ということですね。ちょっと線が変化しちゃってますが、まあ仕方ないです。

大人びた思考を持つ小学生の女の子的場 知世(まとば ちせ)と小説家の父親的場 信吉が、自由で創造的な家庭を目指して、日常を繰り広げる父子家庭の物語である。

主人公の的場知世から見た日常と世の中に対しての独特の視線と鋭い指摘が、多くの読者に人気を博し、漫画でありながら、この作品の書評が光村図書から出版されているX学生向けの国語教科書の書籍紹介に掲載されるに至っている。

とまあ、単純に紹介するならそういう物語なのですが、その魅力は読んでみないことには完全に理解したとは言いがたいですね。何度泣かされたことか…。しかし約二十年間ずっと好きでいるというのもある意味貴重ですよね。コミックはたくさん発売されているというのに浮気もせずに。……「おせん」とか、「TO-Y」なんかも読んでますけれど。

今日読んだ11巻には好きな話が入っているのです。
それは「エピソード49 プリムローズ・ヒル」。
主人公である的場知世ちゃんが唯一呼び捨てさせる新吉お父さんの若かりし頃の物語。
知世ちゃんのお母さんとの初めての出会いが描かれているのですが、何度読んでも切なくて仕方ないです。運命的な出会いってあるんですよね。全ての価値観を一変させてしまうような。これからそんな運命的な出会いってあるのかなあ。

「Papa told me」には好きな物語がたくさんあるのですが、やはり信吉さんがらみの話が好きですね。しかしこんなルックスの小説家がいたら絶対ファンになると思います。作品は純文学系のようですけれど。どうやら信吉さんには作家のモデルがいるらしいのですがどなたなんでしょうね。島田雅彦ではあまりにはまり過ぎてますけれど。

そんなわけで通巻28巻まで刊行されている「Papa told me」再読してみようかな。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

書籍 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。