音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/05/19 [Mon] 21:50:35 » E d i t
フランス/ポーランドといえば馴染みがないかもしれませんが、この映画「ふたりのベロニカ」はぜひとも観て欲しい映画のひとつです。

ふたりのベロニカはこんな物語です。

同年同日に生まれた二人のベロニカという名の女性の幻想的なラブ・ストーリー。ポーランドとフランスで、お互いに名前・顔・音楽の才能までもが同じベロニカという女性がいた。ある日ポーランドのベロニカが舞台の上で倒れ死んでしまう。一方、フランスのベロニカは情熱的な恋人と出会い、やがて偶然からもう一人のベロニカの存在に気付く。彼女はポーランドへ旅立つが……。

僕はこの映画が好きでビデオ、レーザーディスク、DVDと購入していて、次世代DVD発売待ちの段階だったのですが、なんと本日BSフジでハイヴィジョン放送されているではないですか。
美しい音楽、
美少女(少女というより美女ですけれど)、
切なげな物語、
官能的なシーンと魅力をあげると切りがないのですが、
なにより主人公が魅力的に描かれているのです。
つい恋してしまいます。
こんな女性が身近にいたら素敵だろうなあ。
もっとも声をかけるだけで精一杯かもしれないけれど。

ところでこの作品の監督であるクシシュトフ・キェシロフスキといえば『トリコロール』3部作が有名かもしれません。
ジュリエット・ビノシュ, ジュリー・デルピー, イレーヌ・ジャコブ の三人が三つの物語の主人公を演じている物語。僕はジュリエット・ビノシュ主演の「青の愛」がとても好きなのです。ジュリエット・ビノシュが好きだというのもありますけれど。

著名な作曲家の夫と幼い娘を事故で失ったジュリー(ジュリエット・ビノシュ)の深い喪失感で幕を開け、ゆっくりと訪れる彼女の再生がつづられる「青の愛」。主人公には驚くほどに台詞が少ないが、その心情を代弁するかのように、彼女の夫の作品として発表されるはずだった美しい交響楽のフレーズが映像からこぼれる。長年コンビを組んだ作曲家、プレイスネルへの信頼のほどを感じられる作品。

そんなわけで美しい物語には美しい音楽が似合います。この「ふたりのベロニカ」も美しい音楽が作品の隅々までちりばめられています。派手な映画もストレス解消になりますがこういう静かな映画は心の奥にずっと残っていきます。そういう積み重ねがあればあるほど、人は心豊かになれるのかもしれません。
そんな小さな幸せ、いいな。
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画

映画 *  TB: 0  *  CM: 4  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。