音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/05/01 [Thu] 21:55:45 » E d i t
ipodシャッフル機能による今朝の1曲目は
「大貫妙子/SUMMER CONNECTION」でした。

この曲は彼女のセカンドアルバム「SUNSHOWER」の冒頭に収録されている曲です。
最近大貫妙子の音楽ばかり聴いているのでipodも気を使ってくれたのかもしれません。
何故かこの「SUNSHOWER」ばかり聴いているから。

このアルバムは1977年発売なんですが、確かに歌い方はまだ完成されていなくて、いかにも若さあふれる、という感じなのです。この未はあるかもしれませんが、逆にそれが新鮮なのです。もちろんバック演奏も若々しい。若き坂本龍一の演奏が楽しめるわけです。

さらには初期の名曲ぞろいのアルバムです。特に「都会」はこの時代の空気感がまるごと封印されているような気がします。ちょうど「テクノポリス」に80年代初頭の空気感が詰まっているように。この曲に関して言うならば間奏の演奏部分がとても好きです。完成されているようで未完成な雰囲気がいい。

というわけでipodシャッフルといえば、最近読んだ池澤夏樹先生の小説「星に降る雪」に出てくるんですね。なんでもかんでも入れておいて常に流しているという登場人物。少しだけシンパシーを持ったりして。もっとも登場人物自体の生き方には全く共感できなかったのですが。あくまでもipodシャッフルという単語に共感しただけで。しかし作中には出てこなかったけれどどんな音楽を聴いていたんでしょうね。気になります。

そんなわけで今は大貫妙子「SUNSHOWER」を聴いています。
なんかいいよね。誰かに聴かせてあげたいものです。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。