音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
[TV]THE M~平原綾香 
2008/04/29 [Tue] 22:38:41 » E d i t
自伝モノという分野は結構需要がありますね。
テレビ番組だと古くは「知ってるつもり」「おしゃべり人物伝」など亡くなってしまった偉人を特集するもの。
現在放送されている「波乱万丈」なんかは現在生きている芸能人を取り上げていますね。
雑誌だとビックリハウス「ちょっと早すぎた自叙伝」なんかが記憶にあります。

小さい頃はこういう伝記小説をよく読んだものでした。
例えばエジソンは機関車で働いていたとかいうエピソードはそんな小説で知ったのですね。

伝記という分野は不思議ですよね。
ノンフィクションのように読めるのですが、事実とは絶対違うわけですよね。
それを読んだ人がそれを曲解して別の物語が生まれて、
さらにその人物が伝説化されるわけです。面白いです、伝記って。

「THE M」は現在生きている音楽家のちょっと早すぎた自叙伝、というところでしょうか。
「みゅーじん」や「SONGS」という番組もありますが、これは伝記的番組という感じではないですね。
どちらかといえば音楽番組の延長、ですね。一人の音楽家に絞った音楽番組。
長い間音楽番組を見る機会がなかったのですが、最近そういう機会が増えました。
もちろんパフュームの影響なんですが、それはまた別の話ですね。

今回の番組、とても楽しく観ることができました。
歌あり過去エピソードありと。特に過去映像は貴重でしたね。
過去にどう素晴らしかったのか、ではなくて、今、そしてこれからどういう音楽を作り出すのだろうか、と期待させる作り方が好きですね。

面白おかしくアーティストのトークを楽しむ音楽番組もいいのですが、僕は断然こういう「THE M」や「みゅーじん」、「SONGS」というような音楽番組を支持しますね。

だって本当にいい音楽、残る音楽を作っている音楽家だったら、別に面白おかしくする必要なんかないのだから。音楽が全てですからね。まあそれでは視聴率が取れないかもしれませんけれど。そんなことはこれまた別の話ですから。

本当はNHKあたりがそういう音楽番組を作るべきなんでしょうね。
そう思います。
スポンサーサイト

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

TV *  TB: 0  *  CM: 8  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。