音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/04/27 [Sun] 19:33:14 » E d i t
上原ひろみ

本日はむだづかいしました。
といっても例によってCD一枚400円でしたが。

今回は女性クラシックCD。
CD/中村由利子/夢の時へ(ピアノ)
CD/寺井尚子/プリンセスT(ヴァイオリン)
CD/鈴木慶江/フィオーレ(オペラ)
CD/上原ひろみ/ブレイン(ピアノ)
以上四枚。

特にピアノの上原ひろみさんには以前から興味がありました。
いわく「彼女が弾いた後のピアノは(タッチが激しいために)ガタガタになっている」などの半ば伝説と化している噂が聞こえてくる度、興味が高まるわけです。

聴いた感想は「素晴らしい」のひとことです。
まさにこのアルバムのコピーである「元気が出るピアノ」そのままですね。このグルーヴ感はちょっと尋常ではないですね。まさにピアノと格闘している演奏が楽しめました。テクノのグルーヴとは違う、ピアノだけでのグルーヴ感とでも呼ぶべきものでしょう、これは。

クラシックでもイージーリスニングでもない、ましてや引き語りでもない、そんな僕が聴きたかったピアノ演奏アルバムということで大プッシュしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 2  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。