音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/04/14 [Mon] 22:40:00 » E d i t

今日は花粉症でひどかったです。
例のストナリニSも今となっては単に頭がクラクラするくらいで、
肝心の花粉症には全く効かなくなっているのは問題ですよね。

そんなわけで遠距離通勤も三週間目ともなるとようやく周囲の風景を見る余裕が出てきました。新学期なんですもんね、そういえば。バス停前で待ってる学生服やセーラー服の新入学生や、大きなランドセルに背負われているような小学生なんかがいるわけで。あるいはその姿ょ遠くから見守っているお母さんとか。
そうか自分だけじゃないんだな、新しい環境で頑張っているのは、といまさらながら思ったりして。また明日からも頑張らないと。

今日の通勤音楽はデヴィッド・シルヴィアン「ブリリアント・トゥリーズ」とスクリッティ・ポリッティ「キューピッド&サイケ85」でした。
今日も例によって回顧モードです。まあパフュームの新譜も明日届くようなので、嵐の前の静けさというところでしょうか。

一時期聴かなくなりましたけれどこの二枚のアルバムはいつ聴いてもいいですよね。
特に音色。デヴィッドにしか作り出せない独特の孤高の音色はいつ聴いても身がしまる思いですし、スクリッティ・ポリッティのキラキラしたモザイクのような音の積み重ねは美しい、の一言ですし。
音質は残念ながらよくないのですが、ぜひともリマスター作業してほしいものです。

それにしても「ブリリアント・トゥリーズ」のジャケットは素晴らしいです。こんな場所に行ってみたいなあ。音とジャケットのイメージがこれほど合致しているアルバムもそうないです。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。