音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/03/25 [Tue] 21:47:00 » E d i t
ipodシャッフル機能による今朝の1曲目は「シーナ・イーストン/モダン・ガール」でした。

僕にとって80年代前半といえばマドンナでもシンディ・ローパーでもなくシーナ・イーストンなわけです。テクノでもスタンダードでもない、ポップスという言葉がよく似合うアーティストだったと思います。007の主題歌「ユア・アイズ・オンリー」あたりが彼女のピークだったのかな。「マシ-ナリー」もよかったなぁ。僕自身、それほど熱心な聴き手ではありませんでしたが、何故かベスト盤を所有していたり。

それにしても何故シーナ・イーストンだったのだろうと考えるのですが、やはり髪型にあったように思います。例によってショートなんですよ、彼女も。何度か髪型を変えていて実はショート時代はそう長くはないのですが。

結局人の嗜好というものはそう変わらないものなんでしょう。しかし自分だけかな、変わらないのは。

それにしても彼女スコットランド出身だったんですね。
…スコットランドって何が有名でしたっけ?
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

音楽 *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。