音楽的生活1983-2008
音楽ってCDを聴いたり、ライブやコンサートに行くだけではなくて、日常生活でも音楽的なものってあるはず。 このページではそんな音楽的な出来事を紹介していきます。
02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/03/10 [Mon] 23:50:00 » E d i t


そんなわけで昨日WOWOWで007特集をやっていました。
何気なく観ていたのですがやはり面白い。

こうなると、もはや映画界の伝統芸能というか様式美ですね。
ジョン・バリーによるジェイムズ・ボンドのテーマはオープニングのあの名カットと共に忘れられない1曲ですし。

内容は本当に単純ですが、添え物に過ぎなかったボンドガールの活躍が目ざましくなってきたり、敵の組織の目的がその時代を象徴していたり、ボンドを演じる役者も変化したり、実に時代の流れを感じさせるわけです。

そんなわけで
「ロシアより愛をこめて」
「ゴールデンアイ」
「ゴールドフィンガー」
あたりが好きですね。
「ロシアより愛をこめて」は単純にアクション映画として面白い。

「ゴールデンアイ」はボンドガール、イザベラ・スコルプコがかなり好きですね。劇中では働く女性を演じてて好感が持てましたし、なにより短い髪に弱い。つい写真を貼ってしまいました。

「ゴールドフィンガー」は音楽がものすごくいいんです。ピチカートファイヴのアルバム「女王陛下の…」あたりはかなり雰囲気が引用されていると思います。

それにしても007といえば、子供の頃、お正月も四日、五日と過ぎてなんとなくお正月気分が薄れてきた頃、昼過ぎからテレビで放送されている007をぼんやりと観ている、という状況をイメージするんです。あんな怠惰な時間、もう味わえないんだろうな…。
スポンサーサイト

テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

TV *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。